トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ドーン・オブ・ザ・デッド
d0030824_23475884.jpg『DAWN OF THE DEAD』 アメリカ/2004
監督:ザック・スナイダー
出演:サラ・ポーリー ヴィング・レームズ ジェイク・ウェバー
    メキー・ファイファー タイ・バーレル マイケル・ケリー




公開時コピー
それは、8歳の少女から始まった。
感染するまで、終わらない――。


ホラー映画の傑作、ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」を現代版にリメイク。
監督はCM界から転身したザック・スナイダー。
出演は「死ぬまでにしたい10のこと」のサラ・ポーリー、「M:I 2」のヴィング・レームズ、「ザ・セル」のジェイク・ウェバーなど。

<あらすじ>
ワシントン州エベレットの病院で働くアナは仕事を終え、夫ルイスの待つ家に帰った。朝になり寝室のドアが静かに開けられた。ルイスが気が付いて廊下を見ると隣家の女の子ヴィヴィアンが立っていた。
ルイスが様子をうかがうと、ヴィヴィアンは口の周りを血で染め、ルイスの首に噛みついた。
絶命するルイス、しかし彼は数秒後に起きあがり、アナに襲いかかった。
訳もわからずアナは浴室に逃げ込み、窓から外へ逃げ出したが、そこは人が人を襲う地獄のような有様だった。

***

傑作のリメイクということで、そこそこの期待だけ持って見てみました。なにせリメイクはオリジナルを超えることは不可能、というのが当然のようなものですし・・・しかも「バイオ・ハザード2」がヒットしたところに、同じゾンビものは多少分が悪いよなぁ、なんて思ってました。

さて、率直な感想。
冒頭良し、中盤進展無し、エンディングうっとおしい、という評価。
個人的には序盤からのスピード感がかなり面白くて、こりゃいいじゃないか、と思っていたのに人物描写の薄さとショッピングモールから移動しようとしない主人公達に辟易してしまいました。
シナリオにケチをつけるというのは、この手の映画にとってタブーなので何も言えませんが、ゾンビの描写もそれほど多いわけではないし、かといって怖いかと言われると首をひねってしまいます。
アクションホラーという位置づけから逸して、小規模なパニック映画になってしまったのが残念。
ゾンビの数は凄いですけどね。

俳優陣に関しては言うべき所はありません。
ただ、恐怖の描写が薄く、本当にせっぱ詰まっているのかという状況が無いに等しい。
演技の薄さか、はたまたゾンビアクションにこだわりすぎたのか、中途半端な感じを受けました。
当然、スプラッターな映画が嫌いな人にはお勧めできません。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-05-12 21:06 | ホラー/オカルト
<< “アイデンティティー” 笑の大学 >>