トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ディパーテッド
d0030824_1282141.jpg『THE DEPARTED』 2006/アメリカ
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン
    マーク・ウォールバーグ マーティン・シーン レイ・ウィンストン
    ヴェラ・ファーミガ アレック・ボールドウィン
受賞:ゴールデン・グローブ賞/監督賞(2006)
    放送映画批評家協会賞/作品賞・監督賞(2006)他

公開時コピー
男は、死ぬまで正体を明かせない。

重厚なドラマと秀逸なサスペンスで大ヒットを記録した「インファナル・アフェア」シリーズのリメイク。
監督は「アビエイター」のマーティン・スコセッシ。
出演は「アビエイター」のレオナルド・ディカプリオ、「ボーン・スプレマシー」のマット・デイモン、「恋愛小説家」のジャック・ニコルソン、「NYPD15分署」のマーク・ウォルバーグ、「地獄の黙示録」のマーティン・シーン、「オータム・イン・ニューヨーク」のヴァラ・ファミーガ、「ヘヴンズ・プリズナー」のアレック・ボールドウィンなど。

<あらすじ>
マサチューセッツ州ボストン。
少年のコリンは街を仕切るマフィアのボス・コステロ(ジャック・ニコルソン)に目を付けられる。
保護者のいなくなったコリン(マット・ディモン)はコステロに育てられ、やがて警察に潜入するべく警察学校に入学、優秀な成績で卒業し州警察に配属される。
一方、親戚が犯罪組織に関わっていたビリー(レオナルド・ディカプリオ)は、警察官になったものの、クイーナン警部(マーティン・シーン)とディグナム上級巡査(マーク・ウォルバーグ)にその生い立ちを徹底的に調べ上げられ、親戚の犯罪履歴を盾にコステロの組織への潜入を命じられる。
コリンはマフィア撲滅の特別捜査班に抜擢され、コステロからの情報を有効に使いながら成績を上げていく。同じ頃、ビリーは親戚の幼馴染みと共に麻薬を売り、コステロの組織に近づいていた。
ある日、イタリア系のマフィアを叩きのめした事から、コステロはビリーを組織の一員に加えるのだった。

<作品解説>
オリジナルの「インファナル・アフェア」が重厚な人間ドラマと濃密なサスペンスで魅せたのに対し、本作はバイオレンス描写の激しい作品に仕上がっています。
シナリオの大筋は1作目、序盤は2作目が多少、さらに3作目のヤンの記録が組み込まれた形となっており、正直なところうまく練り切れていない感じがしますね。
オリジナルでは小さな部分にもきちんと伏線が張られ、また連絡方法なども非常に凝っていたんですが、本作は危険な場面でも携帯電話使っている上に、ジャック・ニコルソンのあまりもの変態ぶりは少々やりすぎ感があります。
また、オリジナルでは名場面となる屋上もあっさりとした使われ方になり、警察とマフィアの微妙な関係もかなり暴力的な敵対関係へと変更。
リメイクがオリジナルを越えられないのは常ですが、要するにストーリー展開が強引で詰め込み過ぎなんですね。
緊張感よりもスピード感が重視され、スコセッシ流のバイオレンス描写でアレンジ…ここまでは良いですが、ドラマ部分を大きく削ってしまったのは些か疑問に感じます。
されど、これがスコセッシ監督のオリジナルであったなら、それなりの評価が得られるバイオレンス映画に成り得たでしょう。
もっとも、現時点でオスカー候補なんですけどね。

<見どころ>
ジャック・ニコルソンの変態ぶりは些か常軌を逸してはいるものの、ここまでやるか!という点においてはかなりの見どころ。
そしてある意味、ヒロインであるマドリンは…まあ、これもおかしいか…。

<出演者>
ディカプリオは好演はしているものの、やはりトニー・レオンが醸し出していた色気には及ばず。
マットはうーん、いまいち切れ者って感じがしないんですよね。なんか言い訳がましい事ばかり言っており、軽薄な感じ。
ジャック・ニコルソンは先述の通り、変態です(笑)。
マーティン・シーン、マーク・ウォルバーグは絡みが少なく、さらにアレック・ボールドウィンに至ってはいまいちつかみ所がない形で終わってしまいます。

作品としての出来はそれなりではあるんですが、なぜシンプルに1作目のみのリメイクにしなかったのか。恐らくは「字幕嫌い」なアメリカ向けに1から10までストーリーを押さえることで、起承転結を組みたかったんだと思いますが、やはり強引さは否めず。
オリジナルの原題である“INFERNAL AFFAIRS”(無間道)の意味が為されないままなのは残念でした。
とはいえ、オリジナルを見ていない人には楽しめる作品である事は確かです。
果たして続編は作られるんだろうか。
余談ですが1カ所、シナリオのミスがありました。

<関連作品>
オリジナル
インファナル・アフェア 無間道
インファナル・アフェア2 無間序曲
インファナル・アフェア3 終極無間

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2007-01-31 23:45 | ハードボイルド/犯罪
<< PROMISE プライドと偏見 >>