トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
トップガン
d0030824_0572075.jpg『TOP GUN』 アメリカ/1986
監督:トニー・スコット
出演:トム・クルーズ ケリー・マクギリス ヴァル・キルマー
    アンソニー・エドワーズ トム・スケリット ジョン・ストックウェル
    マイケル・アイアンサイド バリー・タブ リック・ロソヴィッチ
受賞:アカデミー賞/主題歌賞(1986)
    ゴールデン・グローブ賞/歌曲賞(1986)

公開時コピー
ベスト・オブ・ザ・ベストの若者たちが
愛と青春の全てを賭けて遥かな大空へ飛び立つ!


トム・クルーズ主演で大ヒットした青春とスカイアクションの傑作。
監督は「ドミノ」のトニー・スコット。
出演は「刑事ジョン・ブック/目撃者」のケリー・マクギリス、「セイント」のヴァル・キルマー、テレビドラマ「ER 緊急救命室」のアンソニー・エドワーズ、「エイリアン」のトム・スケリットなど。
主題歌を歌ったベルリンの「Teke My Breath Away」はアカデミー賞を受賞し、ヒットした。

<あらすじ>
航空母艦の艦載機F-14のパイロット、マーヴェリック(トム・クルーズ)と相棒のグース(アンソニー・エドワーズ)は、ミグ28との遭遇で自信を失ったエースパイロット・クーガー(ジョン・ストックウェル)が辞めた為にエースの中のエースを育てる訓練学校トップガンに入ることを許される。
その中でも、トップ候補のアイスマン(ヴァル・キルマー)というライバルと競り合うことになる。
そして、マーヴェリックは民間からの教官チャーリー(ケリー・マクギリス)に一目惚れをするのだった。

<作品解説>
公開されてから20年も経っているとは思えないほど、撮影技術の高さを見せつけてくれる作品です。米軍の協力を得て撮影された為に、全て本物。
F-14トムキャットのドッグファイトシーンはすばらしく、合わせて音楽がピッタリ。
シナリオは単純明快、仲間に馴染まない主人公、唯一の親友、恋人、挫折と栄光。
青春映画の要素が全て詰め込まれています。
文句なしにトム・クルーズは格好いいし、映像も良い。つまり、わかりやすくていいんですよね。
なにげにメグ・ライアンやティム・ロビンスが出ていたりして。
「愛と青春の旅立ち」「海猿」を合わせてみると、当分青春映画は見なくて済みます(笑)。
アイスマンって良い奴だよな。

<見どころ>
なんといっても戦闘シーンは圧巻。
「ナイト・オブ・ザ・スカイ」ほどの美しさは無いですが、要所をしめた撮影は見事。
マニアにはたまらんかと。

<出演者>
トム・クルーズは若いのは当たり前ですが、あんまり変らないですね。
ケリー・マクギリスはちょっと濃い…当時の化粧だから仕方ないのか。昔見たときほど美人だとは感じませんでした。
「ER」のグリーン先生がトムの相棒グース、なんか意外。
なんといってもヴァル・キルマーが最高です。個人的にはヴァル・キルマー=アイスマンという構図がずっと抜けない…なんでだろうか。

映像センスは抜群、シナリオは軽め、見やすくて面白い映画です。
今見ても遜色のない出来だと思うし、やはりそういう作品は一般的な「傑作」という位置づけになるります。
ただ、決して「名作」ではないところがミソだったりしますが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2007-01-25 23:59 | 恋愛/青春/スポーツ
<< ファイナル・デッドコースター ザ・フォッグ >>