トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
鉄コン筋クリート
d0030824_3523977.jpg『鉄コン筋クリート』 日本/2006
監督:マイケル・アリアス
声:二宮和也 蒼井優 伊勢谷友介 宮藤官九郎 大森南朋
  岡田義徳 森三中 納谷六朗 西村知道 麦人 田中泯
  本木雅弘



公開時コピー
ソコカラ、ナニガ、ミエル?

「ピンポン」などの人気漫画家・松本大洋の同名コミックを「アニマトリックス」の製作を手がけたマイケル・アリアスがアニメ化。
声は「硫黄島からの手紙」の二宮和也、「ハチミツとクローバー」の蒼井優、「嫌われ松子の一生」の伊勢谷友介、「地下鉄(メトロ)に乗って」の田中泯、「機動警察パトレイバー THE MOVIE」の西村知道、「スパイ・ゾルゲ」の本木雅弘など。
主題歌はASIAN KUNG-FU GENERATION。

<あらすじ>
義理と人情の下町・宝町に住む“ネコ”と呼ばれる2人の少年クロとシロ。
彼らは宝町で自由奔放に生活をしていた。
ある日、クロのなじみであるヤクザの“ネズミ”が子分の木村たちを連れてやってくる。
彼らの目的は、宝町を再開発するためであり、その背後には“蛇”という男の影がちらついていた。
“蛇”は宝町を守ろうとするクロとシロに殺し屋を差し向けるのだった。

<作品解説>
日本のアニメーション技術の高さを見せつける作品です。
原作を読んだことがないので、全く前知識も無いまま見たのですが、シュールの一言に尽きますね。
映像のすばらしさはわかるものの、実を言うと多少疲れてしまいました。
ストーリーとキャラクターが独特過ぎて、自分には合わなかったかなという感じ。暴力的、精神的な描写を盛り込み、これでもかという位に描き込まれた宝町は確かに凄いものの、なんだか方向性が今ひとつわからない。
相反する2つが無くては互いに存在し得ない、という展開はわかるんだけど、うーん…。
映像的にはかなり香港映画っぽくて、好きなんだけどなぁ。

<見どころ>
キャラクター視点での移動シーンや、いわゆる“夢”?のようなイメージ描写が一歩間違えればラリっているように思えるのに、妙にリアルな“夢”のような錯覚を起こさせます。
シロを演じる蒼井優のうまさは特筆すべきですね。

<その他>
最近のアニメシーンを引っ張っているのが、プロダクションI.GやGONZO、本作を手がけたスタジオ4°Cになりますが、その技術の高さはスタジオジブリを遙かに越えています。
同じような映像しか作れないジブリは単純にジブリブランドとして存在しているけれども、多様な映像を手がけるこれらのアニメスタジオの仕事ぶりは見事。
本作は昨年度末に公開されたわけですが、個人的には映像技術の高さはピカイチで、「ゲド戦記」はランクとして一番下になります(その間に「ブレイブストーリー」や「時をかける少女」などが入るわけです)。
また、俳優と声優の混合は昨今増えているものの、本作は蒼井優の芸達者ぶりには参りました。
とはいえ、やはり声優にプロがいるわけなので、俳優さん達はあくまでも実写で体を張ってもらいたいなというのが感想。

原作ファンが本作をどうとらえるのかはわかりませんが、映画としてきちんとまとまっていたし、何よりも映像美は特筆すべきものがあります。
ファンの方は見てみるのも良いかな…多分。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2007-01-06 23:59 | アニメ/CG
<< タキシード 2006年 映画ベスト >>