トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
キャッツ&ドッグス
d0030824_23291719.jpg『CATS & DOGS』 アメリカ/2001
監督:ローレンス・ガターマン
出演:ジェフ・ゴールドブラム エリザベス・パーキンス
    ミリアム・マーゴリーズ アレクサンダー・ポロック
声:トビー・マグワイア アレック・ボールドウィン ショーン・ヘイズ
  スーザン・サランドン ジョー・パントリアーノ


公開時コピー
世界はどっちの肉球に!?

「マスク2」の監督ローレンス・ガターマンによるアニマルコメディ。
出演は「インディペンデンス・デイ」のジェフ・ゴールドブラム、「ザ・リング2」のエリザベス・パーキンス、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のミリアム・マーゴリーズなど。
声をあてるのは「スパイダーマン」のトビー・マグワイア、「ヘブンズ・プリズナー」のアレック・ボールドウィンなど。

<あらすじ>
古代より続いてきた猫と犬の戦い。
犬アレルギーの特効薬を開発しているブロディ教授(ジェフ・ゴールドブラム)の飼い犬バディが、猫族によってさらわれてしまう。バディは猫族から特効薬を守るために派遣されていた犬世界のエージェントだったのだ。
犬たちは新たなエージェントを送り込むために画策するが、偶然から何も知らない好奇心旺盛なビーグル犬が送り込まれてしまう。
彼はブロディ夫人からルーと名付けられる。
そんなルーの前に、ベテランエージェント・ブッチ、コンピューターの達犬ピーク、諜報犬のサムが現れる。
ルーが何も知らない事をしったブッチだったが、仕方なくルーをブロディ家の緊急エージェントにする。
そのころ、猫族のリーダー ミスター・ティングルスは着々と計画を進めつつあった。

<作品解説>
猫対犬の戦いをVFXをふんだんに用いて作られた映画です。
この映画はまず、猫派か犬派かで見方が分かれると思うんですが、個人的猫派なので猫の悪そうな顔はちょっとなぁ(笑)。
犬も猫も、お前等その手(肉球)で一体どうやってマシンを作っているんだ!というツッコミとか、猫の素早さを活かした忍者猫、ロシアンブルーだからロシアンマフィアかよとか、小ネタ満載。
犬が割りと普通なCG処理をされているのに対して、猫はとことん顔が凄い。
笑ってしまったのは古代エジプトの解説。
おいおい、猫はどんだけ強いんじゃという新たな歴史解説が登場します。
もっとも、ストーリーよりもあくまでもファミリー向けのわかりやすいストーリーで楽しめます。

<見どころ>
そりゃもう、忍者猫にロシアンマフィア猫でしょう。
一体どこに持っていたんだというような怖ろしげな武器は人間も真っ青。
すさまじい殺傷能力を持つと思われる爆弾とか、ナイフとか。
吹替えのいっこく堂も良いですね~。

<出演者>
ジェフ・ゴールドブラムってこういう映画が好きなんかなぁ。
ちょっと変な役がいつも似合う。
声をあてる俳優陣達はどうやって決めたのか気になります。
トビーやアレックに、「あなたは猫派?犬派?」とか聞いたのだろうか。

思わず、近所の野良猫とかその辺にいる犬とか見ると、思わずほくそ笑んでしまうような、そんな作品です。
何も考えずに笑って見ましょう。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-12-07 22:45 | コメディ/パロディ
<< プロフェシー 殺人の追憶 >>