トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
ダイ・ハード2
d0030824_23115710.jpg『DIE HARD 2』 アメリカ/1990
監督:レニー・ハーリン
出演:ブルース・ウィリス ボニー・ベデリア ウィリアム・サドラー
    ジョン・エイモス フランコ・ネロ アート・エヴァンス
    デニス・フランツ ウィリアム・アザートン



公開時コピー
また、戦場へ来てしまった運の悪い奴!
ワシントンD.C. ダレス国際空港に非常事態発生-テロ集団が航空管制塔を占拠!!
機能は完全マヒ、パニックが続く空港内にまたしても“あの男”がいた!


ブルース・ウィリスを一躍スターダムに押し上げた刑事アクション「ダイ・ハード」の続編。
監督は前作のジョン・マクティアナンから「クリフハンガー」「エクソシスト ビギニング」のレニー・ハーリンに変っている。
出演は前作に続いて「推定無罪」のボニー・ベデリア、「ショーシャンクの空に」のウィリアム・サドラー、「星の王子ニューヨークへ行く」のジョン・エイモス、「天地創造」のフランコ・ネロなど。

<あらすじ>
クリスマス。吹雪の夜、ニューヨーク市警のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、ワシントンで妻のホリー(ボニー・ベデリア)と過ごすため、ダレス空港に迎えに来ていた。
テレビではラテン・アメリカの麻薬王エスペランザ将軍(フランコ・ネロ)の到着を報じており、反共主義者の元陸軍大佐スチュワート(ウィリアム・サドラー)の姿を空港内で見かけていたマクレーンは大佐の部下らしき軍人たちがうろついているのに不審を覚え、後をつける。それを悟った彼らと荷物到着室で銃撃戦となるが、マクレーンは2人のうち、1人を取り逃してしまう。
マクレーンは何かが起こると確信するが、空港署のロレンゾ警部(デニス・フランツ)は管轄外だと相手にせず、仕方なしにマクレーンは1人で情報を集めるのだった。

<作品解説>
テレビシリーズ「こちらブルームーン探偵社」で売れっ子になっていたブルース・ウィリスが、名実ともに「映画」スターになった記念すべき作品の第2弾。
今までアクションヒーローと言えば「ランボー」に代表されるような、ベトナム帰りの元軍人で、筋肉質、クールなイメージというのが定番でした。
しかし、本作の主人公ジョン・マクレーンは奥さんには頭はあがらないわ、弱音は吐くわ、そして悪運だけは非常に強く、悪者には皮肉ばかり吐き捨てて、いつも拳銃一挺で立ち向かうまさしく孤高のヒーローです。
本作で有名になったのはブルース・ウィリスは勿論なんですが、彼の使う拳銃ベレッタM92FSもまた有名になり、数々の映画で使用されるようになりました。
舞台はビルから空港へ移り、閉鎖感は減ったものの、広いフィールドと飛行機を救うために体を張るマクレーンは文句なしにカッコイイ。
監督は3作目でマクティアナン監督に戻りましたが、ハーリン監督が手がけた本作は前作のテイストをきっちりと踏襲した傑作です。

<見どころ>
七曲署にいたら必ずや「お前は今日からランニングだ!」と言われるであろうマクレーン。
マクレーンが墜落しそうな飛行機を救うシーンで泣き崩れたり、流れる血を拭くこともせずにとにかく走りまわる!
工事現場のガンアクション、短いながらも魅せてくれるスノーモービルチェイス、そしてなによりもクライマックスはやっぱり感動しますね。
かなり荒っぽいクリスマスなんだけど(笑)。

<出演者>
まだ髪の毛が黒々としているブルース・ウィリス、顎が細い!
どちらかというと遅咲きの俳優ですが、一時期歌手をしていたという経歴もある人です。
脇を固めるのは、警官といえばこの人、テレビドラマ「NYPDブルー」のデニス・フランツ。
さらに軽薄なリポーター役で「ゴーストバスターズ」のウィリアム・アザートンや、悪役でロバート・パトリックなども出演しています。

映像としての面白さは勿論のこと、コミカルでユーモアのあるセリフ、どっからみても二枚目とは言えないキャラクター、「これが終われば休暇だ!」と作品毎にいつも悪役たちが叫ぶ定番のセリフだとか、シリーズに通じるおもしろさが本作の持ち味です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-11-12 22:10 | アクション/アドベンチャー
<< ナイト・オブ・ザ・スカイ SPIRIT >>