トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
虹の女神 Rainbow Song
d0030824_134568.jpg『RAINBOW SONG』 日本/2006
監督:熊沢尚人
出演:市原隼人 上野樹里 蒼井優 酒井若菜 鈴木亜美
    相田翔子 小日向文世 佐々木蔵之介 尾上寛之
    田中圭 田島令子 田山涼成 鷲尾真知子 ピエール瀧



公開時コピー
近くにいたのに。

原案に桜井亜美、プロデューサーに岩井俊二を迎え、「ニライカナイからの手紙」の熊沢尚人監督による青春映画。
出演は「リリィ・シュシュのすべて」の市原隼人、「スウィング・ガールズ」の上野樹里、「ハチミツとクローバー」の蒼井優、「無問題2」の酒井若菜、映画初出演となる鈴木亜美、「花とアリス」の相田翔子、「銀のエンゼル」の小日向文世、「アキハバラ@DEEP」の佐々木蔵之介など。
主題歌は種とも子。

<あらすじ>
映像制作会社で毎日怒鳴られながらも働いている岸田智也(市原隼人)。
携帯電話にかかってきた友人からの連絡は学生時代、映画研究会で一番仲の良かった女友達・佐藤あおい(上野樹里)がアメリカで飛行機事故により亡くなったとの知らせだった。
あおいのかつての上司であり、智也の上司でもある樋口(佐々木蔵之介)と共にあおいの実家へと向かう。
智也とあおいの出会いは学生時代、最悪の始まりだった。
あおいのバイト先にいた久保サユミ(鈴木亜美)にストーカーしていた智也は、あおいと偶然知合いサユミとのデートを1万円で仲介してもらうように頼み込む。
しかし、待ち合わせ場所に現れたのはあおいだった。
映画の製作費の為に嘘をついてしまったあおいだったが、智也はそれを許す。
その日を境に2人は仲の良い友人になるのだった。

<作品解説>
映像に柔らかさが溢れた作品です。
フィルムの粒状感とでもいうんでしょうか、映像にこだわりを持って撮られています。
そして、本作の中で撮影された映画「THE END OF THE WORLD」は8mmで実際に撮影されたもので、この感覚がすごく懐かしいというか、惹き込まれるんですね。
さらに上野樹里、市原隼人が演技が見事。主に市原隼人演じる智也の一人称視点が中心でありながら、日常生活の空間、会話を切り取ったかのような自然体な演技、学生生活のリアルな情景と相まって懐かしさを覚えます。
また、本作で使用されるカメラ機器の数々にもこだわりがあり、ハンディカムとデジタルデータ主流の時代において「あんな古くさい機械使う学生が今時おるんか」という感想も出そうですが、元々映画のコマ数と通常の映像コマ数は違うんですね。
いわゆるハンディカムタイプ(現在ではハイビジョンまで撮影できる家庭用のものがある)は1秒間30コマ、しかし映画は1秒間に24コマ、このわずか6コマの差が映画と一般的な映像の差になるわけです。
映画を見るのが好きな人はそこまで知ることはほとんどありませんが、映画制作者として研究や撮影をする人は知っていて当然。即ち作品内で上野樹里演じるあおいがカメラ機器とフィルムにこだわるのは当然の事といえるでしょう。

<見どころ>
とにかく俳優陣の自然な演技が見どころではあるんですが、本作のテーマは身近にいた人がある日突然いなくなってしまったら、というもの。
友情関係を壊したくない2人は、一番近い距離にいて理解しながらも、それ故に恋愛の距離感を掴めないんですね。
瞬間に見せるあおいの表情、最後まで頼りなく鈍感な智也、言葉にすることの難しさに共感を覚える人は多いんではないでしょうか。

<出演者>
市原隼人、上野樹里の演技は本当に見事でした。演技臭さの無い演技というか、上野樹里は今まで見た中で一番良かった。
妹役の蒼井優ですが、逆に上手すぎて目立ってしまった感じがあります。
様々な作品で見事な演技を見せてくれるんですが、限りなくリアルに近いというのではなくあくまでも映画的なうまさが勿体なかった感じですね。
そして相田翔子。
びっくりです。そして笑わせてくれます。ちょっと怖い?けど、悲しい女性役。
鈴木亜美についてはオマケみたいなもんですね…。

個人的には非常に好感度の高い映画でした。
映像センスもさることながら、ラストに広がる切なさがうまく出ていると思います。
ただ、智也のいる制作会社のシーンなどちょっと蛇足だったかなという気もしますね。
ナチュラルな感動を起こさせてくる良作です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-11-01 23:57 | 恋愛/青春/スポーツ
<< 父親たちの星条旗 トム・ヤム・クン! >>