トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
親切なクムジャさん
d0030824_4152236.jpg『SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE』 2005/韓国
監督:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ チェ・ミンシク クォン・イェヨン オ・ダルス
    キム・シフ イ・スンシン キム・ブソン ラ・ミラン
    ソ・ヨンジュ キム・ジング コ・スヒ キム・ビョンオク



公開時コピー
最後の復讐が、一番哀しく、美しい。

パク・チャヌク監督による「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」の復讐3部作を締めくくる作品。
出演は「JSA」のイ・ヨンエ、「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク、オ・ダルスなど。
他に端役でカン・ヘジョン、ユ・ジテ、ソン・ガンホなどの名優が出演している。

<あらすじ>
1991年、二十歳のクムジャ(イ・ヨンエ)は幼児誘拐殺人事件の犯人として自首、13年の懲役刑を受けて投獄される。世間はその残酷な手口とクムジャの美貌に騒ぎ立てる。
刑務所に入ったクムジャはキリスト教を信仰し、誰にでも優しく接したことで「親切なクムジャさん」と慕われるのだった。
しかし、出所したクムジャは復讐心に燃えていた。
親切な心を閉じこめ、赤いアイシャドウを引き、自分を嵌めた英語塾の教師・パク先生(チェ・ミンシク)を追いつめるため、刑務所で恩を売った仲間の元をまわり計画を進めていくのだった。
そして養子に出された自分の子供を探し始める。

<作品解説>
凄惨な復讐劇。
静かな佇まいと赤いアイシャドウで、13年という長い年月をかけて計画した復讐を開始するクムジャ。これがまた、美しい。
パク・チャヌク監督ならではの映像美がイ・ヨンエという女優を一際美しく見せています。
されど、刑務所生活のシーンは差し込まれるだけで、全体的な割合としては短く、いまいち「親切な」という部分が伝わりにくいのが勿体ない。
ギリギリのラインでユーモアを含めつつも、凄惨なクライマックスへ向かう様は、数ある復讐劇の中でも名シーンと言えます。

<見どころ>
赤いアイシャドウを引いたイ・ヨンエ。
けばくもなく、むしろ美しさが際だつこのメイクと雪の中で銃を構えて走るシーンが素晴らしい。
そして、クライマックスはどこかユーモラスであまりに残酷です。

<出演者>
「オールド・ボーイ」で主役を演じたチェ・ミンシクが本作では敵役。
冷酷なシリアルキラーを演じています。
他に脇を固める俳優陣は、日本では無名ながらも好演。
子役のクォン・イェヨンもなかなかの名演ですね。

<総評>
映像と音楽の美しさに加え、主演女優がこれほど際だった残酷な作品も珍しいですね。
スプラッタな表現が嫌いな人には向かない作品かもしれません。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-10-27 23:59 | ハードボイルド/犯罪
<< ハートブルー フィフス・エレメント >>