トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ライアー・ライアー
d0030824_06040.jpg『LIAR LIAR』 アメリカ/1997
監督:トム・シャドヤック
出演:ジム・キャリー モーラ・ティアニー ジャスティン・クーパー
    アマンダ・ドノホー ケイリー・エルウェス スージー・カーツ
    クリスタ・アレン



「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」「ブルース・オールマイティ」などのコメディを手がけるトム・シャドヤック監督によるコメディ。
出演は「エターナル・サンシャイン」のジム・キャリー、「真実の行方」のモーラ・ティアニー、「裏切」のジェニファー・ティリー、「ツイスター」のケイリー・エルウェス、「白蛇伝説」のアマンダ・ドノホー、「リアリティ・バイツ」のスージー・カーツ、テレビドラマ「ER/緊急救命室」の子役ジャスティン・クーパーなど。

<あらすじ>
口八丁手八丁で嘘をつき、勝訴をものにするやり手弁護士フレッチャー(ジム・キャリー)。
そんな彼に美人上司のミランダ(アマンダ・ドノホー)は、他の弁護士が断った依頼を見事に勝てば昇進させると言う。
それは資産家の妻であるサマンサ(ジェニファー・ティリー)が夫と交わした婚前契約で、浮気をした場合、離婚後は一切の財産を受け取ることが出来ないというものだった。
明らかに負けが見えている裁判だったが、釣られたフレッチャーは引き受ける。
しかし、フレッチャーはミランダの機嫌をとるため、離婚した元妻オードリー(モーラ・ティアニー)と暮らす最愛の息子マックス(ジャスティン・クーパー)の誕生日をすっぽかしてしまう。
いつも嘘ばかりつくフレッチャーにがっかりしたマックスは、誕生日のお願いとしてフレッチャーが1日嘘をつけないようにと願う。
すると翌日、フレッチャーは全く嘘がつけず本音を暴露しながら騒動を起こしていくのだった。

<作品解説>
ジム・キャリーの顔芸爆発(笑)。
嘘ばかりつく父親が、子供の願いでどんな小さな嘘もつけなくなってしまいます。
当たり前のことが出来なくなり、当たり前の生活が離れていくというテーマがおもしろおかしく含まれているんですが、主人公フレッチャーが弁護士という設定のために大人の都合による嘘が浮き彫りになっていきます。
それが裁判の離婚訴訟であったり、人との付き合いであったりするわけで、大人の都合でつく嘘と子供に対してつく嘘の質がハッキリと対照的に描かれています。
この対比が非常におもしろいですね。
日常的に嘘をつき続けるフレッチャーは、嘘をつけなくなる事によって自分が「嘘」によっていかに大切なものを失ってきたか、そして失ったことに気が付かなかった事をようやく実感します。
これはシナリオのうまさですね。

<見どころ>
1人でとにかく暴れるジム・キャリーとその顔芸。
よくもまあ、あれだけ顔が動くのかと驚きます。
裁判シーンとラストの暴走っぷりはホントに笑えますね。

<出演者>
ジム・キャリーの大げさな演技、さすがはコメディのプロ。
奥さん役のモーラ・ティアニーは、落ち着いた演技でジム・キャリーとは対照的。
子役のジャスティン・クーパーも好演しています。

ジム・キャリーが1人で暴れているように感じますが、元々脇を固める俳優陣は巻き込まれ役(笑)なので、素直に笑ってみましょう。
コメディだけれど、ラストまできっちりとおさえた作りになっています。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-10-05 23:59 | コメディ/パロディ
<< ワールド・トレード・センター 風の歌を聴け >>