トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
フライ,ダディ,フライ
d0030824_1173343.jpg『FLY,DADDY,FLY』 日本/2005
監督:成島出
出演:岡田准一 堤真一 須藤元気 星井七瀬 松尾敏伸
    愛華みれ 塩見三省 渋谷飛鳥 坂本真 青木崇高
    広瀬剛進 浅野和之 温水洋一 徳井優 田口浩正



公開時コピー
大切なものをとりもどす、最高の夏休み!

「GO」で直木賞を受賞した金城一紀が、初めて映画用として脚本を書いた作品。
監督は「油断大敵」の成島出。
出演は「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」「東京タワー」の岡田准一、「姑獲鳥の夏」の堤真一、現役格闘家で「凶気の桜」の須藤元気、「水霊 ミズチ」の星井七瀬、「きょうのできごと a day on the planet」の松尾敏伸、元宝塚の愛華みれなど。

<あらすじ>
妻・夕子(愛華みれ)と娘・はるか(星井七瀬)の3人で平凡に暮らすサラリーマンの鈴木一(堤真一)。
ある夜、仕事中に呼び出された鈴木は、娘のはるかが誰かに殴られて入院したことを報される。慌てて病院に駆けつけた彼の前には、顔が激しく腫れ上がるほど殴られたはるかと動揺している夕子がいた。
訳がわからない彼の前に、高校の教頭・平沢(塩見三省)がやってくる。娘を殴ったのは代議士を父に持つボクシングでインターハイ2連覇の石原(須藤元気)だった。
平沢は見舞金と称して、大金を置き石原は反省の色も見せずに帰ってしまうのだった。
さらにショックからはるかは口を聞こうとしない。
復讐を誓った鈴木は包丁を持って高校に乗り込むが、そこに現れたパク・スンシン(岡田准一)によって気絶させられてしまう。
鈴木は高校を間違えてしまったのだ。スンシンの仲間たちは、鈴木にスンシンを師匠にして石原を倒す事を提案するのだった。

<作品解説>
いくつかの元ネタを仕込みつつ、中年サラリーマンが家族の為に頑張る姿をベタに描いているのですが、些か肉体的にへばり過ぎな描写が目につきました。
いくら中年とはいえ、そこまでヘタレじゃないやろうとか思いつつ、様々な映画の小ネタが仕込まれているのはおもしろいですね。
「燃えよドラゴン」をはじめ、ストーリーの大まかな流れはジャッキー・チェンの「酔拳」などに見られる短期特訓型。
しかし、随所にコメディ的な要素を含むものの、大きな笑いには繋がらず、なんとなく消化不良気味な展開になっているのは残念。
映像的にはほとんど外のシーンが多かったので、開放的な感じが良かっただけに、シナリオに対する演出の絞り込みが甘かった気がします。

<見どころ>
岡田准一演じるスンシンのちょっとしかない格闘シーンはなかなか様になっていてカッコイイです。
もちろん、堤真一のダメ中年ぶりから脱皮していく姿はよく出来ていると思います。
もうちょっと中年太り気味の演出があったらもっと様になったかな。

<出演者>
岡田准一…カッコイイっすな。正直言って木村拓哉よりカッコイイと思うんですよ。
なんだか今頃になって売れてきた気がせんでもないです。
演技に関しては特に言うことはありません。
堤真一ですが、この人は元がスマートなので特訓の変化っていうのが体の動きでしか表せないのが残念。先述したように、ちょっとした典型的中年なメイクなんかがあったら良かった。
須藤元気は、なんかホンマに悪そうなイメージ(笑)。

映画としての出来は悪くないと思いますが、なんとなくテレビスペシャルみたいな作りに思えました。映像も綺麗だし、出演陣も悪くないけれど、何か一ひねり欲しかった気がします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2006-09-13 23:54 | 恋愛/青春/スポーツ
<< ワンダフルライフ PTU >>