トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
冷静と情熱のあいだ
d0030824_140082.jpg『CALMI CUORI APPASSIONATI』 日本/2001
監督:中江功
出演:竹野内豊 ケリー・チャン  ユースケ・サンタマリア
    篠原涼子 マイケル・ウォン 椎名桔平




辻仁成と江國香織の同名ベストセラー小説の映画化。
監督は数々のテレビドラマを演出し、「シュガー&スパイス 風味絶佳」の公開が待たれる中江功。
出演は本作が唯一の主演作となる竹野内豊、「ブレイキング・ニュース」のケリー・チャン、「交渉人 真下正義」のユースケ・サンタマリア、「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」の篠原涼子、「世界の涯てに」のマイケル・ウォン、「不夜城」の椎名桔平など。
音楽はエンヤ。

<あらすじ>
イタリアのフィレンツェで絵画の修復士を目指す順正(竹野内豊)は、10年前に別れた学生時代の恋人アオイ(ケリー・チャン)を忘れられずに、新しい恋人・芽美(篠原涼子)と日々を過ごしていた。
ある日、学生時代の友人・崇(ユースケ・サンタマリア)と3年ぶりに再会した順正はアオイがミラノのジュエリー店で働いている事を知る。
吹っ切ろうとする想いとは裏腹に、順正はアオイと再会する。しかし、彼女には実業家のマーヴ(マイケル・ウォン)という新しい恋人がいて一緒に暮らしていたのだ。
マーヴとの生活を見せつけられた順正は憤りを隠せずに、立ち去る。
しかし、フィレンツェに戻った彼に、修復していた絵が破かれるという事件が待ち受けていた。

<作品解説>
もし原作が存在せず、これが映画オリジナルのシナリオであったら、評価はもっと高かったでしょう。イタリアの歴史ある街並みが美しく、それとは対照的な東京の風景など映像センスは非常に良いです。
されど、原作と大幅に変えてしまった構成(序盤で再会してしまう)や、マーブがもろにアジア系だったり、ご都合主義的な再会シーンとかはちょっと残念(マイケル・ウォンってケリー・チャン主演の「世界の涯てに」でも損な役回り…)。
本作の良かった部分は、視覚的に原作では表現しきれないイタリアの街並みを紹介し、修復士の仕事を紹介している部分でしょうか。原作とは違うといいながらもポイントは押さえているので、見方としては小説の視覚的補足が良いかと思います。
個人的には原作では描かれなかったラストが割りと好きです。

<見どころ>
イタリアの街というのは見ていても良いですね。映像が良いのか、なんとなくホッとします。
情景的な事を見どころといっても仕方ないんですけど。

<出演者>
竹野内豊の順正役は結構良いんですが、まあ…うまくはないです。表情とかは良いんですけどね、やっぱりセリフに難あり。
対してケリー・チャン、最初見たときはなぜにアオイがケリー・チャン!?という疑問が終始付きまとっていました。でもまあ、日本語セリフもなかなか良いし、結果オーライでしょうか。
イメージとは少し離れているけど。
篠原涼子、ユースケ・サンタマリア共に好演。
なんだろうなぁ、この2人って今や主役級なんですがやっぱり上手いです。
マイケル・ウォンについては、またケリー・チャンに振られたなとしか思えない(笑)。

珍しく原作のファンなので、公開当時は結構気にはしていました。
結局、見たのはDVDですが…映画としての出来はまあ、それなりといったところです。
テレビドラマでダラダラとつまらん演出されるよりは、きっと良いんだろうなと思いつつ…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-09-11 23:59 | 恋愛/青春/スポーツ
<< PTU キンキーブーツ >>