トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
アキハバラ@DEEP
d0030824_139458.jpg『アキハバラ@DEEP』 日本/2006
監督:源孝志
出演:成宮寛貴 山田優 忍成修吾 荒川良々 三浦春馬
    板谷由夏 ユセフ・ロットフィ  松尾政寿 今井朋彦
    寺島しのぶ 萩原聖人 佐々木蔵之介 山崎邦正



公開時コピー
無限の可能性と未来を信じて
僕たちは最強となる!


人気作家・石田衣良の同名小説を映像化。
監督は「大停電の夜に」「東京タワー」の源孝志。
出演は「あずみ」の成宮寛貴、「ROUTE58」の山田優、「TAKI183」の忍成修吾、「下妻物語」の荒川良々、「キャッチ ア ウェーブ」の三浦春馬、「間宮兄弟」の佐々木蔵之介、「大停電の夜に」の寺島しのぶ他。

<あらすじ>
日本屈指の電気街・秋葉原を中心に生活している元ハッカーのページ(成宮寛貴)、格闘家にしてネットアイドルのアキラ(山田優)、潔癖性のボックス(忍成修吾)、メカに強いが謎の持病を持つタイコ(荒川良々)、MITを休学中で色素欠乏症のイズム(三浦春馬)。
5人は“ユイのライフガード”というサイトを通じて知り合った仲間。
一致団結して、アキハバラ@DEEPという会社を立ち上げる。看板キャラクターとしてアキラが格闘技とメイドコスプレで宣伝をしようとしたところ、IT業界の大企業デジタル・キャピタル社の社長・中込(佐々木蔵之介)から提携の申し出を受ける。
新作ゲームのプロモーションにアキラを使いたいと言い、ページ達はその代わりに広告デザインなどを請け負うことになる。
彼らの独創的なアイディアにより、ソフトは大ヒット。広告料で儲かりはじめたページ達は、AIを組み込んだ画期的な検索エンジン“クルーク”を開発する。
クルークに目を付けた中込は、彼らに更なる業務提携、もしくは突拍子もない金額での買収を申し出るのだった。

<作品解説>
タイトルに違わず、かなりディープなオタク世界が展開。
これでも大分抑え気味だと思うんですよ。わかったのはガンダムネタとか、ちょっとしたプログラム上の話くらいで、あとは山田優演じるアキラの格闘シーンが格好良かったってところでしょうか(アクションを手がけたのは「VERSUS」の主演・坂口拓)。
正直なところ、一般的にガンダムを知らない人が見てもさっぱりわからないと思うし、パソコンに興味がないとそれこそ壊滅的にわからないストーリーです。
まあ、オタクの世界に興味がある人は見ていて新しい発見があるかもしれません(笑)。
前半はそれなりにコミカルな演出があったり、山田優がメイドコスプレしてたりするんですが、後半は意外とシリアスな展開もあり。
「池袋ウエストゲートパーク」の石田衣良ならではの作りでしょうか。
個人的にはそこそこ面白かったです(「電車男」は見てませんが)。

<見どころ>
山田優の格闘シーンは文句なしにカッコイイ。メイド姿も良かったです、普通に(ご主人様とか言われるのはちょっと嫌ですが)。
あとは色んな所で使われる効果音がガンダムネタばかり、というのが笑えます。
というかほとんどガンダムネタです。

<出演者>
吃音がきついページを演じた成宮寛貴。
これって結構きつい役ですよね、吃音ってクセになるし。
山田優は雑誌のTarzanにでも出そうなくらい、引き締まった体と回し蹴りなどのアクションを披露。あんだけ動けるなら次はアクション映画に出て欲しいです。
忍成修吾は「TAKI183」に続き、ディープな役。うまくなったなぁ、この人。
荒川良々は相変わらず、この人自身がディープ過ぎます。文句なし。
初めて見る三浦春馬のアムロコスプレには参りました。似合いすぎ…。
佐々木蔵之介は気持ち悪いです。役柄の事ですが、こんな人いたら殴りたいってくらいに気持ち悪い役を演じてました(笑)。
寺島しのぶは微妙だなぁ、この人老け顔なんですよね…。

他にも神取忍、森本レオ(変な役)、久々に見た萩原聖人などなど。
映画の出来としてはそれほどひどくないし、割りによくまとまっていると思うんですが、いかんせんネタが濃いので見る人を選んじゃうのが残念です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2006-09-09 23:59 | 恋愛/青春/スポーツ
<< キンキーブーツ デッドコースター >>