トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
ハービー/機械じかけのキュービッド
d0030824_22214183.jpg『HERBIE: FULLY LOADED』 日本/2005
監督:アンジェラ・ロビンソン
出演:リンジー・ローハン マイケル・キートン マット・ディロン
    ブレッキン・メイヤー ジャスティン・ロング シェリル・ハインズ
    ミ・シンプソン ジル・リッチー トーマス・レノン



公開時コピー
彼の名は、ハービー。
人の心を持った魔法のクルマ。
愛するオーナーに幸せを運ぶ…。


70年代に人気を博したディズニー作品「ラブ・バック」の続編を兼ねるリメイク作。
監督は劇場未公開作「恋のミニスカ ウエポン」のアンジェラ・ロビンソン。
出演は「フォーチュン・クッキー」のリンジー・ローハン、「バットマン」のマイケル・キートン、「メリーに首ったけ」のマット・ディロン、「ニューヨークの恋人」のブレッキン・メイヤー、「ドッジボール」のジャスティン・ロングなど。

<あらすじ>
レーサー一家で育ち、唯一大学を卒業しててNYのテレビ局に就職の決まったマギー(リンジー・ローハン)。彼女はかつて、ストリートレースで名を馳せたが、事故によってレースを禁じられていた。
父親(マイケル・キートン)は、そんな彼女にドライブが出来るよう卒業祝いをくれるという。
翌日、スクラップ屋で潰される寸前のVWビートルを偶然買ったマギー。そのビートルはハービーという愛称を持ち、そして意思を持っていた。
マギーが乗り込んだ瞬間、勝手に走りだしたハービーはパニック状態のマギーを乗せたまま、あるカスタム工場に走り込む。
そこは、マギーのかつての友人ケヴィン(ジャスティン・ロング)の経営する工場だった。
ケヴィンはハービーを直そうと言い、テスト走行を兼ねてパーツが揃うモーターショーへ向かう。そこでもハービーは勝手に動き始めてしまうのだった。

<作品解説>
数ある車を扱った作品の中にあって、意思を持ち様々な表情を見せるハービーは愛嬌があってかわいいですね。
この作品は70年代の人気シリーズ「ラブ・バック」のリメイクと思われがちなんですが、実は続編になります。かつての活躍から、車体の性能が追いつかなくなり、ついにスクラップ工場に運ばれる羽目になりますが、最新の部品を付けて復活。
オープニングではかつてのシリーズが流れ、「ナイトライダー」のキットとのツーショットといったサプライズも(「ナイトライダー」は「ラブ・バック」を参考にしたとか)。
主人公を演じるリンジーも演技に定評があり、また結構なバストが目立ちます(笑)。
共演のマイケル・キートンにマット・ディロンと、出演陣も豪華。
全体的に、かわいく爽やかに仕上がっています。

<見どころ>
リンジーとハービーの組み合わせはバッチリ。
よく似合っています。このツーショットだけでも、なんか良い感じですね。
嫌な相手にはオイルをかけたり、ボコボコに凹んでも頑張るハービーは微笑ましさがあります。そして、なんといっても圧巻はクライマックスのレースシーン。
このシーンは本当のNASカーレースで行なわれ、何人かの有名ドライバーがカメオ出演しています。
最新のNASカーに混じって、小柄なビートルが疾走するシーンは見事。

<出演者>
ティーンアイドルとは言われながらも、リンジー・ローハンの演技は良いですよ。
元々演技に定評がある女優なだけに、このコメディへの挑戦は躍進となるのかはわかりませんが…。
ライバルとなるマット・ディロンは、憎たらしく、せこさとマヌケさを兼ね備えた役をやらせたらピカイチ。
ケヴィンを演じるジャスティン・ロング、兄役のブレッキン・メイヤーもマイケル・キートンに負けず、爽やかに好演しています。

一見、ファミリー映画としか見られない作品ではあるんですが、あり得ないカーアクションも含め、純粋に笑って楽しめます。
ちなみに「ラブ・バック」シリーズは、本作との限定版セットでDVD化されていますが、単品での発売も期待したいところですね。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2006-07-23 22:22 | コメディ/パロディ
<< 不夜城 SLEEPLES TOWN ゆれる >>