トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブレイブ ストーリー
d0030824_12411.jpg『BRAVE STORY』 日本/2006
監督:千明孝一
声:松たか子 大泉洋 常盤貴子 ウエンツ瑛士 斎藤千和
  川澄綾子 今井美樹 田中好子 高橋克実 柴田理恵
  石田太郎 堤下敦 板倉俊之 伊東四朗 樹木希林



公開時コピー
これは、ボクの勇気のハナシ。

OVAシリーズ「青の6号」の演出を手がけた千明孝一監督による、宮部みゆきの同名小説の映画化。
アニメ制作は3DCGの先駆者ともいえるGONZO。
製作には「踊る大捜査線」の亀山千広。
声は豪華俳優陣による。
「THE 有頂天ホテル」の松たか子、「銀のエンゼル」の大泉洋、「赤い月」の常盤貴子、「仮面ライダー THE FIRST」のウエンツ瑛士など。
その他、芸人のインパルス、北陽といった俳優陣以外のキャストも。

<あらすじ>
小学5年生のごく普通の少年ワタル。ある夏の夜、友達のカッちゃんと幽霊が出ると噂の廃ビルに行く。暗闇の中、物音に慌てたワタルとカッちゃんは別れてしまうが、ワタルはそこで謎の少年と出会う。しかし、少年は突如現れた長い階段の向こうにある大きな扉に姿を消してしまうのだった。
次の日、ワタルは学校で、扉の奥に消えた少年・ミツルと出会う。ミツルは2組に来た転校生だったのだ。そこへ、廃ビルにいたことに難癖を付けに来た6年生にも動じず、ワタルはミツルを気に入るのだった。
ワタルが家に帰ると父親が家から出て行くとこで、もう戻らないと告げる。そして母親もまた、それを受け入れていた。思わず飛び出したワタルは廃ビルで、6年生に捕まったミツルを見つけ、助けようと飛び出すのだったが…。

<作品解説>
宮部みゆきの小説は推理物しか読んだことないのですが、この人は結構なゲーム好きらしいですね。宮部作品の特徴はいつも冷静で賢い少年が出てくることにあるんですが、今回はそれがミツルというキャラクターになっています。
物語の中核は、ワタルがバラバラになった家族を元に戻すために、ビジョンと呼ばれる世界に足を踏み入れる訳ですが、この辺りの説明はまったくもってゼロ。
とりあえずそういう世界があるんだ、とだけ理解しておかなければなりません。
また、始まり方も唐突で矢継ぎ早に展開していきます。
ワタルは体力平均、勇気最低、総合評価35点の判定をくだされるのですが、映画全体を通してみる限り勇気もあるし、体力もある…序盤の判定結果がともなっていないのは勿体ない。
全体的には、ありきたりのストーリー展開や友情が絡むのですが、キャラクターデザインやCGの使い方は秀逸です。

<見どころ>
結構ベタな展開が続いたり、セリフもやっぱりベタなんですが、キャラクターの個性的なかわいさ、映像美は特筆すべきところでしょう。
大泉洋による持ちネタには笑いました。

<その他>
個人的にいつも思うことなのですが、なぜ声優という職業が存在するにもかかわらず、近年のアニメや吹替えに俳優・女優を使うのでしょうか?
声優陣の声の表現というのは、やはり俳優のそれとは違っていて微妙な抑揚であるとか、キャラクターにあわせた声の出し方などはその手のプロならではです。
勿論、本作のキ・キーマの大泉洋のように、ある程度多くのキャラクターを演じてきたのなら、多少は違うのですが(とはいってもキャラクターが彼に合わせているともいえる)、松たか子の声は「女性が演じている少年」であり舞台声、ウェンツ瑛士に至っては素人臭さが大きい(それが今回はある程度「味」にはなっているのだけど)。
ミーナやワタルを助ける謎の声は、ちゃんと声優を使っているのでかなり他の俳優・女優の声より際だっていました。

俳優陣を使うなら、それこそ特別出演という方がしっくりきますね。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2006-07-12 23:59 | アニメ/CG
<< ポリス・ストーリー2/九龍の眼 上海グランド >>