トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ラピッド・ファイアー
d0030824_114184.jpg『RAPID FIRE』 アメリカ/1992
監督:ドワイト・H・リトル
出演:ブランドン・リー パワーズ・ブース ニック・マンキューゾ
    ケイト・ホッジ ツィ・マー レイモンド・J・バリー トニー・ロンゴ
    マイケル・ポール・チャン  アル・レオン ベイジル・ウォレス



「死の標的」「アナコンダ2」のドワイト・H・リトルがブルース・リーの遺児ブランドンと組んだアクション。
出演は「クロウ/飛翔伝説」のブランドン・リー、「Uターン」のパワーズ・ブース、「沈黙の脱獄」のニック・マンキューゾ、「悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲」のケイト・ホッジ、「レディ・キラーズ」のツィ・マー、「サドン・デス」のレイモンド・J・バリーなど。
ブランドン・リーは代表作になった「クロウ/飛翔伝説」のクランクアップ6日前に、撮影中の事故により他界、遺作となってしまった。

<あらすじ>
ロサンゼルスの学生ジェイク(ブランドン・リー)は、天安門事件で父親を亡くした過去を持つ。
その事が、中国民主化運動を行なう運動員に目を付けられ、寄付金集めに駆り出されそうな毎日を送っていた。
ある日、デッサンの授業で知り合ったモデルの女性に呼ばれ、行った先は民主化運動の運動員が集まるパーティだった。
そこのスポンサー、チャンはマフィアのセラノ(ニック・マンキューゾ)と組んで麻薬の密売を行なっていた。しかし、セラノは対立するタウ(ツィ・マー)の中国系組織と揉めた事により、チャンを殺してしまう。
その現場を目撃してしまったジェイクは、銃撃戦の起きたパーティ会場をなんとか逃げだし、FBIに保護される。
同じ頃、シカゴでタウを追うライアン警部(パワーズ・ブース)、ウィザース刑事(ケイト・ホッジ)達は、FBIがジェイクを保護したと知って動き出す。

<作品解説>
「ブルース・リーの息子」という肩書きから逃れられなかったブランドン・リーが、ようやく本作でアクションスターとして認められたにも関わらず、「クロウ」の撮影事故によって死去。
代表作が遺作となってしまったのは残念でなりません。
格闘技の動きはまさにブルース・リーが構築したジークンドーそのもの。
ハーフである彼は、体が大きいのでブルース・リーゆずりの俊敏な動きに、迫力のある立ち回りが加わっています。

<見どころ>
アクションシーンはバイクを使ったものから、小物を使うものまで、ジャッキー映画に影響を受けたようなシーンがいくつか見られます。
されど、蹴り技主体の他の映画に比べ、突き技主体であることや、ローキックを多用したアクションは文句なし。

<出演者>
ブランドンはさることながら、ライアン警部を演じるパワーズ・ブースのワイルドな雰囲気がとてもカッコイイです。
また、ニック・マンキューゾの悪役っぷり、それとは対照的なツィ・マーなど悪役の構図も見どころの1つです。
女性刑事ウィザース役のケイト・ホッジとのラブシーンは些か蛇足かな、とも思いますがハリウッドアクションのお約束ですね。

他にサントラも聞き応えアリです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-06-27 21:45 | アクション/アドベンチャー
<< ポセイドン サイクロンZ >>