トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
パニック・ルーム
d0030824_0441057.jpg『PANIC ROOM』 アメリカ/2002
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ジョディ・フォスター フォレスト・ウィッテカー ジャレッド・レトー
   クリステン・スチュワート ドワイト・ヨアカム パトリック・ボーショー
   イアン・ブキャナン アン・マグナソン ニコール・キッドマン(声)



公開時コピー
それは“パニック・ルーム”と呼ばれる。
設計3ヵ月、建築に5ヵ月が費やされた。
その部屋が作られた目的はたったひとつ。
決して何者も中へ入れないこと――


「セブン」「ファイトクラブ」のデヴィッド・フィンチャー監督による、パニックサスペンス。
出演は「フライトプラン」のジョディ・フォスター、「ゴースト・ドッグ」のフォレスト・ウィッテカー、「ロード・オブ・ウォー」のジャレッド・レトー、「ザスーラ」のクリステン・スチュワート、「ロズウェル」のドワイト・ヨアカムなど。
電話の声の出演に、怪我で主役を降板したニコール・キッドマンが出ている。

<あらすじ>
夫スティーヴン(パトリック・ボーショー)と離婚し、娘のサラ(クリステン・スチュワート)と共に高級タウンハウスに住むことになったメグ(ジョディ・フォスター)。
その家は多数の監視カメラ、独立した電話回線、そしてパニック・ルーム(=緊急時の避難用個室)と呼ばれる完全防備の外部から侵入不可能な部屋があった。
引越を終えた夜、3人の男が忍び込む。
家を空き家と勘違いし、あるものを取りに来たのだ。
冷静なバーナム(フォレスト・ウィッテカー)、覆面姿のラウール(ドワイト・ヨアカム)、リーダーのジュニア(ジャレッド・レトー)だった。
彼らの存在に気が付いたメグは、サラを連れてパニック・ルームへと逃れる。
しかし、3人の目的はパニック・ルームにあり、しかもパニック・ルームからの外部への連絡線はまだ繋がっていなかった。
メグ親子と強盗3人の駆け引きが始まる。

<作品解説>
「フライトプラン」でも強い母親を演じたジョディ・フォスターのパニックサスペンスです。
監督がデヴィッド・フィンチャーというだけで否応なく、期待が高まるのですが、「ファイトクラブ」ほどのインパクトはありません。
至ってノーマルな作品です。
しかし、パニック・ルームに閉じこもるだけというのは、不思議ですよね。
脱出口あってこその、隠し部屋じゃないかなぁと疑問に思ったりするんですが。

<見どころ>
ジョディ・フォスターの演技は相変わらず素晴らしいです。
ただし、見どころという程のシーンは乏しく、もっとひねって欲しかったところ。
強盗が結構マヌケというところですかね。

<出演者>
ジョディ・フォスター、いたって普通です。
もちろん、とても上手いんですが、これが本来の主演であるニコール・キッドマンだったら、もっと緊張感があった気がします。
ジョディ・フォスターだと冷静すぎるイメージが付きまとうんですよね。
強盗役のフォレスト・ウィッテカー、落ち着いた演技でバッチリ。
マスクを被っているラウール役のドワイト・ヨアカムについては、唐突に人格が変化するので一番危ないタイプ(笑)。

大どんでん返しがあるわけでもなく、これを見るなら同監督の「ゲーム」が最高です。

人気blogランキング ←ポチッとクリック    
by syosei7602 | 2006-06-09 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< 嫌われ松子の一生 闘え!ドラゴン3 必殺拳 >>