トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
闘え!ドラゴン3 必殺拳
d0030824_035496.jpg『THE GAME OF THE DRAGON』 日本/1975
監督:田村正蔵 外山徹
出演:倉田保昭 府川房代 赤塚真人 安岡力也 沢村忠 平泉成
    長谷川誉 三谷昇 酒井修 岡崎二朗 潮哲也
   



1975年に放映された「闘え!ドラゴン」の総集編の第3弾。
監督は同シリーズの田村正蔵と外山徹が続投。
出演は前作に引き続き、「クローサー」の倉田保昭、府川房代、赤塚真人、さらには安岡力也、元キックボクサーの沢村忠、今や演技派の平泉成が出演。

<あらすじ>
“ドラゴン”こと不知火竜馬(倉田保昭)は弟子の日下部進の様子がおかしいことに気付く。
その理由は、亡くなった叔父から受け継いだ莫大な遺産を受けついだ時から「命を狙われている」という密告の電話があったからだった。
同じ頃、暗殺組織“シャドウ”の殺し屋“銀のカマキリ”に日下部姉弟の暗殺指令が下っていた。
“銀のカマキリ”は進の姉・早苗を狙うが、間一髪、ドラゴンが助けに入る。
“銀のカマキリ”を追いつめたドラゴンだったが、シャドウの新手の殺し屋が邪魔をする。
しかし、殺し屋は「ボクシングジムで待っている」という言葉を残して去っていくのだった。
そして、日下部姉弟は弁護士の関本の元に預けられるが、殺し屋の魔の手が迫っていた。

<作品解説>
今回も強敵がぞくぞく登場!
ボクサーの“銀のカマキリ”、安岡力也演じる“疾風”、沢村忠演じる“木枯らし”、太極拳の使い手“旋風”、平泉成演じるアメリカンな“つむじ風”と「銀カマ」以外は風シリーズ(笑)。
そして、シャドウ日本支部の新しいボスが登場。
というか、シャドウってやっぱり世界的組織だったんだ…日本支部だけは壊滅的に殺し屋がやられてますけど(笑)。

<見どころ>
お調子者の弟弟子・武蔵小次郎の活躍は必見。
実は結構強いけど、詰めが甘い(笑)。
そして、いつも命を狙われているけど、白いチノパンをはき続けるドラゴン。
汚れ?そんなの気にしてませんね、きっと。
一番の見どころは元キックボクサーの沢村忠との対決でしょう。
空手家対キックボクシング。
生身のアクションはジャッキー・チェン対ベニー・ユキーデくらい見どころです。

<出演者>
どちらかというと、体が太いイメージの安岡力也。
当然若い!男前、でも脱いだら…ぼってりしてるんですね。
そして、今やドラマ、映画ではお父さん役、上司役と幅広い演技の平泉成がすげー男前。
アクションのキレも抜群。
そういえば「はみだし刑事」でも結構、アクションシーンとかやっていたっけ。

意外な役者の意外なアクション。
古い作品の見どころってこういうところにありますね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-06-08 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< パニック・ルーム ファイナル・デスティネーション >>