トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ザ・ターゲット
d0030824_23304885.jpg『SHADOW CONSPIRACY』 アメリカ/1997
監督:ジョルジ・パン・コスマトス
出演:チャーリー・シーン リンダ・ハミルトン ドナルド・サザーランド
    サム・ウォーターストン スティーヴン・ラング ベン・ギャザラ
    セオドア・バイケル テリー・オクィン ポール・グリーソン



「ランボー/怒りの脱出」のジョルジ・パン・コストマス監督の遺作となった作品。
出演は「ホットショット」のチャーリー・シーン、「ターミネーター」シリーズのリンダ・ハミルトン、「スペース カウボーイ」のドナルド・サザーランド、「キリング・フィールド」のスティーヴン・ラングなど。

<あらすじ>
大統領の再選に尽力した大統領特別補佐官ボビー・ビショップ(チャーリー・シーン)は、大統領から絶対の信頼を得ていた。
大統領(サム・ウォーターストン)は経済政策に対して、議会と対決する演説を行なおうとする。その演説内容が上院議員を通じて、女性記者アマンダ・ギブンズ(リンダ・ハミルトン)に漏れてしまう。
首席補佐官ジェイク・コンラッド(ドナルド・サザーランド)は、ボビーにその処理を任せる。
ボビーは大統領を説得し、上院議員には弱みをちらつかせて事態を収拾するのだった。
家路につくボビーの前にかつての恩師が現れる。
しかし、彼は「政府上層部に陰謀がある」との言葉を残し、目の前で射殺されてしまう。
銃撃を受けたボビーは、暗殺者(スティーヴン・ラング)から逃亡しジェイクに連絡をするのだが、暗殺者は先回りをしていた。

<作品解説>
とにかく逃げ回るパターン、そして政府内の陰謀とありきたりの内容。
シナリオがどうも軽いというか、キャスティングのミスですね。
誰が黒幕かすぐわかっちゃうパターンです。この手の作品というのは、もう少しメインとなる登場人物が多ければ一番良いんですが、キャスティングが中途半端に良いのであっさりとしています。
全体的に散漫な印象は拭えないですが、ネタ的には「エネミー・オブ・アメリカ」とかぶっているような感じですね。
しかし、大統領役のサム・ウォーターストンは似合わなかったなぁ。
スティーヴン・ラングの不気味かつ大胆な追撃ぶりは恐るべし。

<見どころ>
エレベーター内のアクションでしょうか。
右に左に、シャフト内を動きまわっているエレベーターアクション…。
あとは、クライマックス。
殺し屋がなにをつくっているかと思えば…なんちゅう不安な暗殺道具やねん(笑)。

<出演者>
ハリウッドのトラブルメーカーとして名高いチャーリー・シーン。
やっぱり「プラトーン」「ホット・ショット」「メジャーリーグ」を越える作品がないのが寂しい。
個人的には好きな俳優ですけどね。
ホワイトソックスの井口ってチャーリー・シーンに似てますよね、関係ない話ですが。
ドナルド・サザーランド、顎が細い時はやっぱり渋い。
極めつけはスティーヴン・ラング。
この人がこの映画最大の見どころかもしれない。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-06-05 23:35 | ミステリ/サスペンス
<< ファイナル・デスティネーション デイジー >>