トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
亡国のイージス
d0030824_040266.jpg『AEGIS』 日本/2005
監督:阪本順治
出演:真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 中井貴一 勝地涼 橋爪淳
    チェ・ミンソ 吉田栄作 谷原章介 豊原功補 原田芳雄
    岸部一徳 平泉成 原田美枝子 橋爪淳 真木蔵人
受賞:日本アカデミー賞/新人俳優賞(2005)
    ブルーリボン賞/主演男優賞(2005)

公開時コピー
生きろ。絶対に生きろ。
未来は渡さない。


福井晴敏の小説「亡国のイージス」の映画化。
2005年に「ローレライ」「戦国自衛隊1549」と共に連続公開された事でも話題となった。
監督は「KT」「この世の外へ クラブ進駐軍」の阪本順治。
出演は「ラストサムライ」の真田広之、「博士の愛した数式」の寺尾聰、「KT」の佐藤浩市、「梟の城」の中井貴一、「この胸いっぱいの愛を」の勝地涼、「チャンピオン」のチェ・ミンソなど。
音楽は映画音楽界の巨匠トレヴァー・ジョーンズ。

<あらすじ>
東京湾を航海していた海上自衛隊イージス艦「いそかぜ」は、寄港先で溝口3等海佐(中井貴一)をはじめとするFTG(海上訓練指導隊)のメンバーを乗せる。
程なくして、先任伍長・仙石(真田広之)の部下・如月(勝地涼)が艦の下部を爆破、さらに爆弾を仕掛けて立て籠もる。
副長の宮津(寺尾聰)と溝口達から、如月が工作員だと教えられた仙石は説得に向かうが、事態は急変する。
同じ頃、防衛庁情報局…通称DAISの本部長・渥美(佐藤浩市)は「いそかぜ」に不穏な動きがあることを既に察知していた。

<作品解説>
原作は読んだことはないんですが、予告編では真田広之のアクションがメインっぽかったのに、ほとんどそういうシーンはありませんでした。
元ネタは「機動警察パトレイバー THE MOVIE2」「沈黙の戦艦」「ダイ・ハード」ってところですか。政治ネタも織り交ぜていますが、これなら「宣戦布告」の方が面白いです。
「KT」でもそうでしたが、阪本順治監督の映像作品はどうも間延びした部分が細かく入ってくるんですね。テンポは悪くない、だけどアクションが続かないので見ている側は半端な気分になるというか。
アクションシーンも唐突で、散漫な印象を受けます。
ただ、映像としてのレベルは非常に高く、このレベルで「ローレライ」を作ってくれたら良かったかも、と思います。

<見どころ>
先にも書いたように、散漫な印象が強くて見どころというのがハッキリしません。
あえて言うなら、イージス艦の中だとか、リアルな映像とかその辺り。
とはいっても、素人目に見てという話なのでなんともいえません。
クライマックスの真田広之の連絡手段は・・・すみません、笑ってしまいました。
映像的にもう少しなんとかならなかったんでしょうか。

<出演者>
出演者は豪華なんですが、真田広之にアクションらしいものがほとんど無く、勝地涼が役を担っていると思いきやこれも半端です。
とはいっても勝地涼の冷徹な目は印象的でした。
紅一点となるチェ・ミンソ、全く持って存在の意味すら不明でした。せっかく韓国の女優さんを使っているならもっと見せ場を持ってきても良かった様な気が・・・。
中井貴一、寺尾聰に至ってはもう少し人間関係をわかりやすくしてもらったら、ベストなキャスティングだったろうなぁ。

半端な印象が拭えない映画でした。
期待しすぎて見たのが悪かったのか、もうちょっと頑張って欲しかったというのが感想です。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2006-05-13 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< ホステージ ポリス・ストーリー/香港国際警察 >>