トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ルパン三世 愛のダ・カーポ/FUJIKO's Unluckey Days
d0030824_2142967.jpg『ルパン三世 愛のダ・カーポ/FUJIKO's Unluckey Days』
日本/1999
監督:ワタナベシンイチ
声:栗田貫一 増山江威子 小林清志 井上真樹夫
  納谷悟朗 戸田恵子 森山周一郎 千葉繁



恒例のテレビスペシャル第11弾。
監督は「天地無用!GXP」のワタナベシンイチ(「カウボーイ・ビバップ」の渡辺信一郎監督とは別人である)。
声はお馴染みのメンバーに加え「アンパンマン」の戸田恵子、スペシャルでの出演が多い森山周一郎、「機動警察パトレイバー」の千葉繁。

<あらすじ>
不二子の為にスイス銀行を丸ごと盗んだルパン。不二子の目的は金庫に入っている「コロンブス・ファイル」だった。
いつものように出し抜こうとする不二子だったが、そうそう同じ手に引っかかるルパンではなかった。しかし、同じく「コロンブス・ファイル」を狙う謎の男ナザロフが現れ、不二子は谷底へ落ちてしまうのだった。
不二子を助けたのは盗掘を稼業とするロザリアだった。
「コロンブスの卵」という呟きを残して気を失った不二子をロザリアは介抱するが、不二子は記憶を失っていた。
助けに来たルパンだったが、再びナザロフが現れ不二子はさらわれてしまうのだった。

<作品解説>
まず、強烈な個性を発揮するナザロフ。
これはワタナベシンイチ監督そのものみたいですね。
ワタナベ監督はアフロヘアにルパンスタイルがトレードマークらしく、まさしくナザロフそのもの。
今までのテレビスペシャルにはない、個性のナザロフは声をあてた千葉繁のお陰もあって、非常に良い味をだしています。
タイトルの「ダ・カーポ」は音楽でいうところの「最初に戻る」という意味で、ルパンと不二子の関係を戻すという事になります。
そして、本作のヒロインでもあるロザリアですが、ナザロフに負けてしまって薄い印象。
そもそも不二子がメインなので仕方ないとは言えるんですが・・・ついでに銭形警部とボスのバートンも完全に脇役になってしまいましたね。

<見どころ>
教会の鐘と共にある2人の関係が明らかに(笑)。
小ネタが挟まれつつ、不二子とルパンの関係が進んで?いくところは従来のテレビシリーズにはなかったものです。
お嬢様な不二子は違和感ありつつも、おもしろい。
もう少し、敵役バートンの真意なども詳しく描かれていれば言うこと無かったですね。

<その他>
作画としては不二子がとても綺麗です。
ルパンのテレビスペシャルは絵柄が色々と変りますが、もうちょっと原作に近い雰囲気で描かれても良いんじゃないでしょうか。
あと、銭形警部があまりにも脇役過ぎるので、スペシャルならではの扱いにしてほしいところですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-04-18 23:02 | アニメ/CG
<< アンダーワールド:エボリューション プロジェクトA2/史上最大の標的 >>