トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
沈黙の聖戦
d0030824_0514888.jpg『BELLY OF THE BEAST』 アメリカ/2003
監督:チン・シウトン
出演:スティーヴン・セガール バイロン・マン モニカ・ロー
    トム・ウー ヴィンセント・リオッタ サラ・マルクル・レイン
    パトリック・ロビンソン



公開時コピー
このオヤジ最強。

「HERO」「LOVERS」「少林サッカー」のアクション監督チン・シウトンによる新たなセガール拳炸裂アクション。
出演は「沈黙」シリーズのスティーヴン・セガール、「ストリートファイター」のバイロン・マン、「沈黙の標的」のトム・ウー、「トスカーナの休日」のヴィンセント・リオッタなど。

<あらすじ>
CIAの元工作員ジェイク・ホッパー(スティーヴン・セガール)の娘ジェシカがタイ旅行中、上院議員の娘サラと共に誘拐される。
誘拐したのはイスラム過激派組織アブ・カラフ、要求は1週間以内に拘留中の仲間を釈放することだった。政府が要求に応じないことを知ったジェイクは単身、タイに乗り込み娘を助ける為に動き出す。
かつての仲間、スンティ(バイロン・マン)の協力を得て徐々に組織に迫っていくが、その裏にある陰謀を暴き出していく。
そんなジェイクに過激派のみならず、CIAやタイ国軍までもが敵にまわってきてしまうのだった。

<作品解説>
ワイヤーアクションの使い手、チン・シウトンの監督業ハリウッドデビュー作。
度重なる無敵アクションに翳りが見え始めたスティーヴン・セガールに、新たな力を与えたと言っても過言ではない良作です。
なんだか胡散臭い香港テイストも盛り込みつつ、相変わらずのセガール拳が炸裂…とは言ってもダブル(スタントマン)が丸わかりなのはさすがに辛い。
それにしても邦題はいつまで「沈黙」を付け続けるつもりなのか。
ある意味、この邦題がセガール=マンネリという図式を作っているとも言えます。

<見どころ>
チン・シウトン監督ならではのワイヤーアクション、相変わらずのセガールの鋭い目つき、いつものセガール映画にはない派手な銃撃戦。
とにかく詰め込めるだけ詰め込んだという展開は、何も考えずとも見られるという点で非常におもしろい。
相棒を演じるバイロン・マンのアクションも必見で、徒手空拳の相棒がいるのもセガール映画初では?

<出演者>
多少、顎の肉が気になるセガール。
うーん、ちょっと太りすぎでしょうか、もう少し体を絞ってほしいですね。なにせ、この人はアクション映画しかないですから。
元CIAという設定で考えれば、それもありなのかもしれないけれど。
相棒役のバイロン・マンは、見事にカッコイイ役でした。
ラッパーばかりを相棒にすえてちゃ勿体ない。

チン・シウトンとのコラボがものを言った映画だと思います。
最強のB級映画を目指せして欲しいもんですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-04-10 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< スピード タイムマシン >>