トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
お気に入りブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
人気ジャンル
ファン
タイムマシン
d0030824_239482.jpg『THE TIME MACHINE』 アメリカ/2002
監督:サイモン・ウェルズ
出演:ガイ・ピアース ジェレミー・アイアンズ オーランド・ジョーンズ
    シエンナ・ギロリー サマンサ・ムンバ マーク・アディ
    フィリーダ・ロウ オメロ・ムンバ ローラ・カーク



公開時コピー
80万年、時空の旅

H・G・ウェルズの同名SF小説をひ孫で「プリンス・オブ・エジプト」の監督サイモン・ウェルズが映画化。
1960年のジョージ・パル版のプロットを元に作られており、実質的にはリメイク版となる。
主演は「メメント」「L.A.コンフィデンシャル」のガイ・ピアース、「ダイ・ハード3」のジェレミー・アイアンズ、「エボリューション」のオーランド・ジョーンズ、「バイオハザード II アポカリプス」のシエンナ・ギロリーなど。

<あらすじ>
1899年、ニューヨーク。
大学教授で科学者のアレクサンダー(ガイ・ピアース)は、恋人のエマ(シエンナ・ギロリー)に結婚を申し込んだ時、強盗に遭いエマが死んでしまう。
失意に暮れるアレクサンダーは、エマの死を避けるべく過去に戻ることを思いつきタイムマシンを開発する。
タイムマシンは成功し、無事エマを助け出したかに思えたが、その直後彼女は事故にあい死んでしまう。
なぜ、彼女を助けることができないのか、その答えを探るべくアレクサンダーは2030年の未来へ降り立つ。

<作品解説>
タイムマシンものといえば最近では「タイムライン」、ちょっと前では「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が代表的な作品でしたが、どうしても生じてしまうのがタイムパラドックス。
過去を変えることで未来が変化するのですが、時間旅行者だけは記憶を保ち、尚かつ都合の良い世界に変えてしまうことも不可能ではないという説が必ず付きまといます。
本作はそれに真っ向勝負で挑んだ作品で、恋人を救うために過去を変えるという想いから・・・という始まりは良かったのですが、序盤の展開と原作の展開を無理矢理くっつけてしまった為に、目的がいつのまにかすり替わってしまうという破綻をきたしています。
まあ、理解をするならば「もし、こうだったら」という世界はあり得ないという話になるのですが、現在→過去→未来→未来→未来と、最終的に見た未来を変えようとする行為に破綻を来してしまうんですね(ただ、普通に見ていると破綻はしてないように見えるんだよなぁ)。

<見どころ>
タイムマシンの造形美は必見、さらに時間を超えるシーンで過去から未来への変化の表現がおもしろいですね。
ショーウインドウのファッションがどんどん変っていくところとか。
そして、終盤の展開に登場するモーロックはかなり怖い。
CG技術だけで言えば、間違いなくA級です。
ラストシーンはそれなりに良かったように思えるんですが、後半のラブストーリーはいらないです。これが無かったらどれだけマシだったか・・・。

<出演者>
ガイ・ピアースは「メメント」の時の切れた演技も良かったんですが、多少無精髭を生やしていた方が断然男前。
シエンナ・ギロリーの出番がちょっとしか無かったのが残念。というよりも、原作を尊重して作って欲しかったところです。
オーランド・ジョーンズは語り手としてはよかった。
あとは際だって目立った出演者がいないですね・・・。
少なくとも理論を展開するシーンや、アドベンチャー要素にもっと凝った展開が欲しかった。
とっても怪しいジェレミー・アイアンズは結局なんだったんだろう。

“映像作品”としてはレベルが高いので良いと思いますが、映画としてのランクは「タイムライン」と変りません。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を越える作品は未だ出てこないですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-04-09 23:49 | SF/ファンタジー/パニック
<< 沈黙の聖戦 ポリス・ストーリー3 >>