トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
d0030824_030485.jpg『THE CHRONICLES OF NARNIA:THE LION, THE WITCH
              AND THE WARDROBE』 アメリカ/2005
監督:アンドリュー・アダムソン
出演:ウィリアム・モーズリー アナ・ポップルウェル
    スキャンダー・ケインズ ジョージー・ヘンリー
    ティルダ・スウィントン ジェームズ・マカヴォイ
声:リーアム・ニーソン ルパート・エヴェレット
受賞:アカデミー賞/メイクアップ賞(2005) 他
公開時コピー
ナルニア暦1000年――
《その国》は春を奪われ、
100年の冬に凍えていた…。


「指輪物語」「ハリー・ポッター」シリーズに次ぐ大作として注目されたディズニー映画。
原作はC・S・ルイスのファンタジー小説で、全7巻の大作である。
監督はCGアニメ「シュレック」のアンドリュー・アダムソン。
出演はウィリアム・モーズリー、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリーの3人がテレビ映画、もしくは舞台で活躍しており、本作がメジャーデビューとなる。
そして「真珠の首飾りの少女」のアナ・ポップルウェル、「コンスタンティン」のティルダ・スウィントン、声の出演に「バットマン ビギンズ」のリーアム・ニーソンなど。

<あらすじ>
第二次大戦下のイギリス。
ペベンシー一家の4兄妹、長男ピーター(ウィリアム・モーズリー)、長女スーザン(アナ・ポップルウェル)、次男エドマンド(スキャンダー・ケインズ)、次女ルーシー(ジョージー・ヘンリー)はロンドンの空襲を避けて、田舎のカーク教授の家へ疎開する。
広大な屋敷の中を遊びまわっていたある日、隠れんぼで隠れる場所を探していたルーシーは巨大な衣装ダンスに入る。
しかし、その奥は雪が降りしきる異世界への入り口だったのだ。
そこはナルニアと呼ばれる国であり、冷酷な白き魔女が100年もの間、支配をしていた。
そして、ルーシーがナルニアに足を踏み入れた時、予言が始まろうとしていた。

<作品解説>
全7巻のファンタジー小説の大作の第1章。
考えたら、「ハリー・ポッター」シリーズも全7巻の予定ではあるので、それほど驚くことではないのかもしれません。
映画全体の作りとしては、どうもディズニー映画という特色を避けられなかったので、あくまでも子供向けといった感じは否めません。
CGの多用は当然の事なんですが、それでも「ロード・オブ・ザ・リング」に比べると小作品である、というのが正直なところ。
ただ、それらを差し引いてもそこそこ楽しめる映画になっているのは、さすがディズニーといったところでしょうか。

<見どころ>
実際のところ、映画で驚くべきシーンがそれほどありません。
主演の子役達もいまいち魅力に欠けるんですが、その中にあって圧倒的な存在感を魅せたのがアスラン王のライオン。
これってもろにCGなんですが、格好いいんです。
だけど、見どころがCGのライオンなんてちょっと残念。

<出演者>
4兄妹を演じた子役達なんですが、うーん、いまいち平凡。
これといって演技で魅せてくれるわけでもないんですね。
「ハリー・ポッター」シリーズに比べると、出演者も少ないので余計に目につきます。

ただ、映画としての完成度はそれほど低いわけではなく、ファミリー向けの娯楽映画としては及第点でしょうか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-03-30 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< イーオン・フラックス 南極物語 >>