トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
沈黙の断崖
d0030824_23385329.jpg『FIRE DOWN BELOW』 アメリカ/1997
監督:フェリックス・エンリケス・アルカラ
出演:スティーヴン・セガール マージ・ヘルゲンバーガー
    クリス・クリストファーソン ハリー・ディーン・スタントン
    スティーヴン・ラング レヴォン・ヘルム ランディ・トラヴィス



ハリウッドが誇る無敵俳優スティーヴン・セガールの「沈黙シリーズ」4作目。
もっとも、邦題で「沈黙~」がつくのみである。
監督はテレビ映画中心のフェリックス・エンリケス・アルカラ。
出演は「エリン・ブロコビッチ」のマージ・ヘルゲンバーガー、「ブレイド3」のクリス・クリストファーソン、「SONNY ソニー」のハリー・ディーン・スタントン、「Re:プレイ」のスティーヴン・ラングなど。

<あらすじ>
ケンタッキー州東部のある町に米国環境保護庁EPAの調査官ジャック・タガート(スティーヴン・セガール)がやってくる。
ジャックは調査中に殺された同僚に代わってやってきのだ。
一見、穏やかな町だったが、産業廃棄物の不法投棄による環境破壊が進んでいた。
ジャックは身分を隠して調査を始める。
そんな時、町の住民からさけられている女性サラ・ケロッグ(マージ・ヘルゲンバーガー)と出会う。彼女は幼い頃、銃の暴発によって父親を殺してしまったというトラウマを持っていた。
しかし、ジャックとの交流で少しずつ心を開いていく。
一方、不法投棄の犯人は鉱業界の大物オーリン(クリス・クリストファーソン)という事がわかってくる。だが、町の住人は買収されており、誰もジャックに協力をしようとはしない。

<作品解説>
無敵のセガール拳炸裂!という事で、まだ人気が高かった頃の作品。
ただ、この時はラジー賞の4部門にノミネートという、ある意味快挙を成し遂げています。
作品としてはそれほどの派手さはなく、相変わらずのセガール拳で敵から攻撃をくらうこともなくバッタバッタと倒していきます。
これが魅力といえばそうなんですが、やはり4作目ともなるとマンネリ化は否めません。
テーマは環境、これは「沈黙の要塞」でも使われていますが、勧善懲悪の物語ではあまり意味を為さないような・・・それでも、爆発だけで終わる映画とは違うのが魅力でしょうか。

<見どころ>
どんなに強そうなヤツが出てきても「かかってこいよ、いくらでも」的な不敵な笑みを浮かべ、独特の手の動きでひねるわ、倒すわ、蹴るわといつものパターンです。
だけど見惚れるんですよね、この人の動きは。
セガール映画にしては珍しく、大人のロマンスといったマージ・ヘルゲンバーガーとの共演は良かったですね。

<出演者>
悪役のクリス・クリストファーソン、いい顔してます。
いかにもふてぶてしい親玉らしく、悪役然としてますがなぜか憎めない顔をしてます。
ヒロイン役のマージ・ヘルゲンバーガーは疲れた顔が役柄にピッタリ。
それにしてもスティーヴン・セガールのラジー賞ワースト・スクリーン・カップル賞ノミネートが「ギター」相手というのが笑えます。

全体的にB級であることは否めないんですが、シンプルなアクション映画としては及第点じゃないでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-03-23 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< 南極物語 THE MYTH/神話 >>