トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-
d0030824_22451250.jpg『ZG III -LOVE IS THE PULSE ON THE STARS-』
日本/2006
総監督:富野由悠季
声:池田秀一 飛田展男 鈴置洋孝 榊原良子 島田敏 岡本麻弥 
  島村香織 勝生真沙子 井上和彦 新井里美 西村知道
  郷里大輔 浪川大輔 大塚芳忠 平本亜夢 古谷徹 


公開時コピー
誰も知らないラスト・・・新訳Z完結編。

新訳Zガンダム3部作完結編。
テレビ版の悲劇的なラストではなく、新しいエンディングを作り上げたとして第2部公開から期待が高まっていた。
声の出演は第2部とほぼ同じだが、サラ・ザビアロフ役が池脇千鶴から島村香織へと変更されている。
旧テレビフィルムと新作カットを合成するエイジング処理は相変わらず。

<あらすじ>
反地球連邦組織エゥーゴと地球連邦軍エリート部隊ティターンズとの戦いは消耗戦へと突入していた。
そこへ第3勢力であるジオンの残党アクシズが現れる。
かつてジオンを率いたザビ家の忘れ形見ミネバ・ザビを頂点とし、その摂政であるハマーン・カーンはザビ家復興のため、エゥーゴに接触を図る。
事実上エゥーゴの指導者となったクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルは、そんなハマーンの邪心を見抜き激高する。
だが、ティターンズとの戦いに勝利するため、共同作戦は避けることは出来ずシャアはハマーンに頭を下げるのだった。
その頃、ティターンズの全権掌握を狙うパプテマス・シロッコは虎視眈々と機会をうかがっていた。

<作品解説>
衝撃的なテレビ版クライマックスは当時、かなりの物議を醸し出しました。
それを全て覆すエンディングが本作となるのですが、実際のところテレビ版で重要と思われた部分の多くがカットされていました。
まず、カミーユと恋仲になったティターンズのパイロット、フォウ・ムラサメとの再会シーンが全部削除。
つまり彼女は第2部で死んだという展開になっています。
そして、テレビ版でスパイとして送り込まれ、第1部の後半で変形モビルスーツ・ギャプランのパイロットとして登場し、カミーユを兄と慕ったロザミア・バタムが登場せずサイコガンダムmk-2も合わせてカットされています。
また、カミーユのライバルだったジェリド・メサの呆気ない結末は残念。
99分というのは些か短い構成だった気がします。

<見どころ>
なんといっても戦闘シーン、そしてクライマックス。
とくにコロニーレーザー内のシーンは素晴らしいの一言。
そして、エマ中尉とヘンケン艦長のやりとりはユーモア溢れるものになっています。
エマに惚れていたヘンケン艦長というキャラクターは非常に目立っていて、初代ガンダムのスレッガー・ロウに通じます。

<その他>
富野監督の作品は近年になって割と明るいものが多い気がします。
最近では「ガンダムSEED」など、他の監督によるものがありましたが、やはり富野監督の手腕というか、原作者の描くガンダムは全然違いますね。
戦闘シーンにおける会話の間、決して無敵ではないパイロット(カミーユやシロッコ、ハマーンは超人的な力を発揮しますが、それでも被弾します)、感情をむき出しにして戦うとあえなく戦死とか・・・。
本作でのシャアの描き方は多少抑えめで、主人公カミーユの心が描かれたラストは良かったですね。
第1部、2部と合わせて見ることをお薦めします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-03-05 23:42 | アニメ/CG
<< 第78回アカデミー賞 & 第2... プラトーン >>