トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ミミック
d0030824_2255552.jpg『MIMIC』 アメリカ/1997
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:ミラ・ソルヴィノ ジェレミー・ノーサム
    アレクサンダー・グッドウィン ジャンカルロ・ジャンニーニ
    チャールズ・S・ダットン ジョシュ・ブローリン



公開時コピー
遺伝子が泣き叫ぶ
〈バイオ・クライシス〉


「ヘルボーイ」「ブレイド2」のギレルモ・デル・トロ監督ハリウッドデビュー作。
出演は「リプレイスメント・キラー」のミラ・ソルヴィノ、「グロリア」(1999)のジェレミー・ノーサム、「ノーバディーズ・フール」のアレクサンダー・グッドウィン、「ハンニバル」のジャンカルロ・ジャンニーニなど。
なお、監督、出演者が変わって3作目まで続編が作られた。

<あらすじ>
ニューヨークでは次々と子供を死に追いやるストリックラー病という伝染病が蔓延していた。
昆虫学者スーザン(ミラ・ソルヴィノ)は感染源であるゴキブリを全滅させるべく、天敵であるカマキリとアリの遺伝子で新たな新種“ユダの血統”を作り出す。
伝染病は収まり、“ユダの血統”は遺伝子に組み込まれた自殺遺伝子によって死ぬ。
3年後、街では連続猟奇殺人が発生していた。
子供達が集めた昆虫を買っていたスーザンの元に巨大な虫が届けられる。
その遺伝子を見たスーザンは、それが死んだ筈の”ユダの血統”であることに気が付くのだった。
同じ頃、地下鉄の靴磨きマニー(ジャンカルロ・ジャンニーニ)は、家からいなくなった孫チューイ(アレクサンダー・グッドウィン)を探して地下鉄の迷宮に入り込む。
そしてスーザンは夫のピーター(ジェレミー・ノーサム)と共に謎を解くべく、地下に向かうのだった。

<作品解説>
確実に言える事がひとつ。
ゴキブリが世の中で一番嫌悪する虫だと思う人は見られないです(笑)。
とにかく気持ち悪い。よくあるスプラッタで気持ちが悪くなるんじゃなく、単純にゴキブリが巨大化して、ヌメヌメとした体で這いずりまわる姿は食事時は完全にNG。
内容自体はジワジワと来るというよりも「エイリアン」に近いものがあり、美貌のミラ・ソルヴィノが金髪と顔を真っ黒にして駆け回る姿は・・・微妙に美しいです(笑)。
ちなみにミミックとは生物学上の擬態という意味です。

<見どころ>
なんといってもクリーチャー造形。
ゴキブリやカマキリ、アリの形態を模倣しており、こいつらがシャカシャカと追ってくるのです。
エイリアンよりもかなり怖い。
それに付け加え、逃げ回るスーザン達のとる凄まじい行動。
これはタイトルと関係あるんですが、さすがにゾッとします。

<出演者>
ミラ・ソルヴィノ、ブロンドが魅力的な女優です。
「リプレイスメント・キラー」では裏社会のたくましい女性を演じていましたが、今回は学者役。
この人の目がとても知的で良いですね。
ジェレミー・ノーサムの必死加減に、子役アレクサンダー・グッドウィンの恐怖に怯えた瞬間、ジャンカルロ・ジャンニーニの歳食った演技も決まってます。
ホラーにありがちなB級路線ではあるんですが、出演者の堅実な演技がなかなかの傑作に仕上がっています。

食事時には向きませんが、なんとなくバルサンとかフマキラーを常備したくなりますね(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-02-16 23:52 | ホラー/オカルト
<< ピッチブラック いま、会いにゆきます >>