トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 番長足球
d0030824_2255578.jpg『番長足球 (ばんちょうサッカー) A ROAD OF BANCHO』
日本/2003
監督:宮坂武志
出演:竹内力 中村愛美 山口祥行 池乃めだか 中山美保
    伊佐山ひろ子 船木誠勝 小沢仁志 田口トモロヲ 羽賀研二



1996年に井筒監督が撮った「岸和田少年愚連隊」。
その名前を冠したビデオシリーズ作品だが、本作は「カオルちゃん伝説」という更に別シリーズとして人気を博した作品第4弾。
監督は「人斬り銀次」「新・影の軍団 序章」の宮坂武志。
出演は「ミナミの帝王」の竹内力、「運命人間」の中村愛美、同シリーズの山口祥行、吉本新喜劇の池乃めだか、中山美保、伊佐山ひろ子など。
他にVシネマを中心に活躍している俳優が友情出演している。

<あらすじ>
全国高校総番長になった村山カオル(竹内力)。
常に最強を目指すカオルだったが、定時制高校をシメ忘れていた!?
早速、地元岸和田の定時制高校にのりこんだものの、なぜかサッカーをする羽目に。
しかし、子供の頃サッカーが出来ずにいじめられた記憶をもつカオルはサッカーがトラウマだった。
だが、高校は次にあるサッカーの試合で負ければ廃校になってしまうことになっていた。生徒達の「番長は学校のみんなを守るもの」という言葉に奮起する。
同じ頃、クラスに転校生の明美(中村愛美)がやってくる。
明美はなぜかカオルを執拗に狙うのだった。
そんな中、サッカーの特訓が開始される。

<作品解説>
40歳を越えたVシネマ界の大物、竹内力がわずか15歳の高校生を演じたことでも話題になった抱腹絶倒の青春アクションコメディ。
本作は「少林サッカー」の影響をもろに受けているんですが、異常なのはカオルちゃんただ1人(笑)。
暴れて、暴れて暴れ倒すんですが、バイオレンスというよりは本当に暴れているだけ、という方が正しいですね。
ちなみに「カオルちゃん伝説」は現在まで5作つくられている人気作品です。

<見どころ>
とにかく最強のカオルちゃん。
竹内力の顔芸&セリフのようなセリフじゃないような雄叫び(わめき声ともいう)、ヨダレは垂れているけど、ヤクザも恐れる最強っぷりは拳銃も木刀も角材も無視(ヤクザ嶋田組の信条は「団結・報復・沈黙」)、意外に人情に厚かったり、チャッピーという犬にエサをちゃんと与えるナイスな総番長(笑)。
作品自体はカオルちゃんをのぞいて普通に演技してます。
とはいっても、個人的には井筒監督の「岸和田少年愚連隊」より遙かに面白かったし、ちゃんと青春を描いているところも見逃せません。

<出演者>
なにもかもが竹内力・・・とも言えるんですが、こういう演技が出来るだけ彼は凄いですよ、ホント。
友情出演が全部ヤクザ映画の主演級というのも笑えますが、なにげに羽賀研二が出ていたり、ラストのあっと驚く出演者には低予算ならではの魂が感じられます。

久々に腹を抱えて笑えた映画でした。
シリーズもいくつかかじったことあるんですが、午前二時あたりに見たら笑いが止らないだろうなぁ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-02-06 22:49 | 恋愛/青春/スポーツ
<< 紅い眼鏡 ミッドナイト・ラン >>