トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ミッドナイト・ラン
d0030824_042540.jpg『MIDNIGHT RUN』 アメリカ/1988
監督:マーティン・ブレスト
出演:ロバート・デ・ニーロ チャールズ・グローディン
    ヤフェット・コットー ジョン・アシュトン デニス・ファリナ
    ジョー・パントリアーノ  ロイス・スミス リチャード・フォロンジー



公開時コピー
かつてない男の友情が、アメリカを駆け抜ける!
男たちの友情は時に熱く ユーモラスで、そして悲しい・・・


「ビバリーヒルズ・コップ」「ジョー・ブラックをよろしく」といった有名作品を手がけたマーティン・ブレスト監督によるコメディタッチのアクションロードムービー。
出演は映画界で知らぬものはいない名優ロバート・デ・ニーロ、「ベートーベン」のチャールズ・グローディン、「バトルランナー」のヤフェット・コッコー、「ビバリーヒルズ・コップ」のジョン・アシュトン、「スナッチ」のデニス・ファリナなど。

<あらすじ>
元シカゴ警察の刑事、現在はロスで賞金稼ぎをしているジャック(ロバート・デ・ニーロ)は、保釈金融会社のエディ(ジョー・パントリアーノ)からマフィアのセラノ(デニス・ファリナ)の金を横領した経理のマデューカス(チャールズ・グローディン)を捕まえるように依頼される。
しかし、セラノを追うFBI捜査官モーズリー(ヤフェット・コットー)から、重要な証人であるマデューカスを渡すことは出来ないと邪魔をされる。
モーズリーを出し抜いて、身分証明証を盗んだジャックはそれを偽造してニューヨークで呆気なくジョナサンを捕まえる。
だが、FBIとマフィアの一味から追われる羽目になり、しかもマデューカスは飛行機恐怖症だった為、列車でロスへ向かう。
それを知らないエディは同業者マーヴィン(ジョン・アシュトン)にマデューカスの移送を依頼するのだった。

<作品解説>
これを見た大抵の人は「おもしろい!」と言いたくなる、そんな映画です。
主演のロバート・デ・ニーロ自身も一番気に入っている作品というように、テンポよし、ストーリーよし、演技よしと完成度が高い傑作。
アクションにコメディ、気の利いたセリフ、男達の友情、バディムービーでありロードムービーというわけなんですが、この映画の展開はトーマス・ヤーン監督の傑作「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」にも通じます(ヤーン監督はアメリカ映画の大ファン)。
ラストまで飽きずに見られる数少ない作品といえるでしょう。

<見どころ>
クールな展開もさることながら、いかにもアメリカらしいアクション、とにかく全体的に見どころといっても差し支えありません。
デ・ニーロ演じるジャックとチャールズ・グローディン演じるマデューカスのやりとりと駆け引き。
そこに加わるFBIとマフィアたちのドタバタに付け加えて同業者マーヴィンなども良い味を出しています。
物語ラストのジャックとマデューカスのやりとりは吹替えでも最高!と感じてしまうのはやはりシナリオの秀逸さが集約されているからでしょう。

<出演者>
主役のデ・ニーロは相変わらずの芸達者振り、「タクシードライバー」で見せたような役へのなりきり振りまでが最高で、一番いい演技をしているんじゃないかと思わせます。
対するチャールズ・グローディン、秘密を握りつつ何度もデ・ニーロを出し抜こうとする得体のしれなさを秘めた演技はまさに真骨頂。
そしてヤフェット・コットー、ジョン・アシュトンといった脇役陣の活躍までも観客を惹きつけます。
とにかくこの映画は最高の1本に数えられるものなので、映画ファン必見!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-02-04 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< 岸和田少年愚連隊 カオルちゃん... トゥルー・ロマンス >>