トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
COWBOY BEBOP 天国の扉
d0030824_430717.jpg『COWBOY BEBOP:KNOCKIN'ON HEAVEN'S DOOR』
日本/2001
監督:渡辺信一郎
声:山寺宏一 石塚運昇 林原めぐみ 多田葵 屋良有作 井上和彦
  小杉十郎太 ミッキー・カーチス 小林愛 磯部勉 石橋蓮司



「アニマトリックス」「マクロスプラス」の渡辺信一郎が監督し、SFハードボイルド・アクションとして高い人気を博したテレビシリーズ「カウボーイ・ビバップ」の劇場版。
声は俳優としてもお馴染みの山寺宏一(今や懐かしい“オッハー”の元祖)、アニメ「頭文字[イニシャル]D」の石塚運昇、「新世紀エヴァンゲリオン」の林原めぐみ、「デジモンテイマーズ」の多田葵、「APPLESEED アップルシード」の小林愛、俳優の石橋蓮司、ミッキー・カーチス、磯部勉など。
音楽はテレビシリーズを手がけた管野よう子が劇場版の為に新曲を全て制作。
モロッコでロケハンを行なうなどアニメとしては異例の製作が行なわれている。
なお、サブタイトルはボブ・ディランの同名曲からきている。

<あらすじ>
惑星間を位相差空間ゲートというシステムで行き来できるようになった2071年。
賞金稼ぎのスパイク、ジェット、フェイ、エドの乗るビバップ号はハロウィンを目前にした火星に来ていた。
フェイは賞金首であるハッカー、リー・サムソンを追っていたがリーの乗るタンクローリーは高速道路で大爆発を起こしてしまう。
タンクローリーの中から出てきた物質により、500人以上が謎の症状により死傷するという大惨事になる。
火星政府は重大なテロ事件として犯人に3億ウーロンというかつて無いほどの賞金をかけた。
フェイは事件現場で腕に入れ墨をした怪しい男を見かけた事を思いだし、それを手がかりに貧乏極まりないスパイク達は目の色を変えて行動に移るのだった。

***

テレビシリーズの大ファンで、この劇場版も見に行ってしまった程です。
テレビでは全26話中、わずか13話(しかも所々抜けている)で放映が打ち切られ、テレビ東京系からWOWOWへ移行されたといういわく付きでありながら、ハードな内容と深い設定でコアなファンを掴み、遂に劇場版という訳です、。
テレビでは30分という時間の中に、これでもかというに練り込まれたシナリオが大人向けのアニメとして受け入れられ、海外でも非常に人気が高い作品。
元々「カウボーイ・ビバップ」が元ネタとしていたのは、松田優作の人気テレビドラマ「探偵物語」とブルース・リー、映画の「デスペラード」「男達の挽歌」といったハードボイルドでありながらどこかユーモアセンスがある魅力的なものばかり。
そして、この近年のアニメとしては恐ろしく手間がかかるアナログな映像製作(最近ではデジタルが主流)で為されています。
その為か、映画公開時期が延びてしまったわけですが・・・。
テレビシリーズの22話と23話の間を埋めるものとなっていて、主要キャラクター以外は劇場版オリジナルになっています。

ストーリーは史上最高額の3億ウーロン(1ウーロン=1円くらい)をかけられた犯人と賞金稼ぎ(カウボーイ)との追跡劇になります。
この作品の特徴としては、主人公達が必ずしも馴れ合いでないこと、よく怪我をすること、金に汚かったり、食い意地が張っていたりと人間味溢れる設定が見所。
そして、シリーズのテーマに「夢」があります。
これは将来はなんとかという夢ではなく、寝ているときに見る夢の事で、主人公スパイクが現在を夢でも見ているように生きているという自身の言葉から来ています。
テーマの意味は映画の中で語られますが、これはテレビシリーズとあわせて見ることをお薦め。

声を当てるのはいずれも声優としては一流ばかり。
ゲスト声優として、説教強盗の石橋蓮司、犯人役ヴィンセントの磯部勉、ヴィンセントを追っているエレクトラ役の小林愛などキャラクターに見合った俳優、女優が揃っています。
映画全体としては多少蛇足気味な演出があるものの、ドッグファイトや格闘シーン、銃撃戦など見所は満載。
テレビシリーズの隙間を埋めるエピソードの1つとして見るなら、それも良し。
1つの映画として割り切るのも面白いでしょう。
近年の美少年、美少女ばかりをおもてに出したアニメとは一線を画す良作です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2006-01-22 04:28 | アニメ/CG
<< バイオハザード ターミネーター2 特別編 >>