トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ロスト・イン・トランスレーション
d0030824_2551186.jpg『LOST IN TRANSLATION』 アメリカ・日本/2003
監督:ソフィア・コッポラ 
出演:ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン ジョヴァンニ・リビシ
    アンナ・ファリス マシュー南 田所豊 林文浩 竹下明子
受賞:アカデミー賞/脚本賞(2003)
    全米批評家協会賞/主演男優賞(2003)  他多数受賞


公開時コピー
人生の折り返し点、なぜか寂しい
トーキョーで君に会えてよかった。
幸せなはずなのに、ひとりぼっち
トーキョーであなたに会えてよかった。


名監督フランシス・フォード・コッポラの娘、ソフィア・コッポラ監督のユーモア溢れるドラマ。
主演は「ゴースト・バスターズ」のビル・マーレイと画家フェルメールの歴史を描いた「真珠の耳飾りの少女」の主演スカーレット・ヨハンソン。
2003年度アカデミー賞にて脚本賞を受賞。

<あらすじ>
ハリウッドスターのボブはサントリーウイスキーのCM撮影のために東京にやってくる。
ホテルに到着して歓迎を受けるが、彼が真っ先に受け取ったFAXは息子の誕生日に立ち会えないことへに対する妻からの抗議だった。
同じ頃、カメラマンの夫に付いてきたシャーロットは仕事で忙しい夫に構って貰えず、孤独な時間を過ごしていた。
時差や日本の撮影に馴染めず不安を感じて眠れない2人は、ホテルのバーで顔を合わせるようになり、言葉を交わすようになる。

***

「本物」の日本、そして東京ロケを敢行。
うーん、ハリウッド映画の中で日本をまともに映した映画の1つです。
マーレイ演じるボブとヨハンソン演じるシャーロット。
2人はあくまでも日本に住みに来たのではなく、一時的な滞在なわけですが、そこに生じる孤独感は外国に来てしまったことよりも少し口うるさい妻から離れてしまったことや夫に構って貰えない寂しさじゃないかと思います。
日本の描き方は些かステレオタイプではあるんですが、むしろそれは2人の目から見た東京そのもの。
そりゃ日本人がこの映画を見れば不満は出るかもしれないですが、日本人が海外旅行に行って観光地を周りながらカメラであちこち撮るのと一緒です。
この映画が表面的なものの見方しかできない異国人の心象をうまく描いた良い映画だと思います。
日本の様々なものが彼らにとって非日常なんですから。

さて、主演のビル・マーレイ、結構好きな俳優さんなんですがこの映画ではかなり良い演技を見せてくれました。ゴールデングローブ賞をはじめ、2003年度の様々な男優賞を受賞。
そして美人でかわいい人妻を演じるスカーレット・ヨハンソン、見とれます(笑)。
コメディタッチではあるけれど、柔らかい感じの映画で見終わった後が爽やかな感じがするのでお薦めです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-03-02 00:51 | ヒューマン/ドラマ
<< ロボコン 第77回アカデミー賞 & 第2... >>