トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
イエスタデイ 沈黙の刻印
d0030824_034189.jpg『YESTERDAY』 韓国/2002
監督:チョン・ユンス
出演:キム・スンウ キム・ユンジン チェ・ミンス キム・ソナ 
    チョン・ソヨン チョン・ムソン イ・ホジェ 
受賞:第26回黄金撮影賞/銀賞・新人女優賞(2003)



公開時コピー
誘拐殺人に隠された秘密。真実は封印された記憶が握る。

「シュリ」のキム・ユンジンとフジテレビドラマ「101回目のプロポーズ」の韓国版リメイクに出演したキム・スンウのSFアクション。
監督は本作が日本でのメジャー作品となるチョン・ユンス。
共演に「ソウル」のチェ・ミンス、本作で映画デビューしたキム・ソナ、「ホワイト・バレンタイン」のチョン・ムソンなど。

<あらすじ>
南北統一を果たした朝鮮半島。
2019年、特殊捜索隊隊長ユン・ソク(キム・スンウ)の幼い息子ハンビョルが何者かに誘拐される。
誘拐犯はユンの父親代わりである“神父”(チョン・ムソン)を呼び出すが、ユンは部下のメイ(キム・ソナ)をはじめとする捜査隊を率いて、誘拐犯のアジトに乗り込む。
ユン達は犯人を射殺するが、ハンビョルは犯人に抱かれていた為、ユンの銃弾が当ってしまった。
1年後、ユンはハンビョルの事件を追っていた。関係するのは都市部では高齢者ばかりを誘拐して殺害する連続誘拐殺人事件の現場に残された共通する遺留品。
一方、アジア連合警察犯罪心理分析官ノ・ヒス(キム・ユンジン)は犯罪心理のセミナーを講演していた。
出席していたノ・ヒスの父親代わりである警察庁長官は途中退席するが、護衛が射殺され謎の武装集団に誘拐されてしまうのだった。

***

近未来の設定にアクションとサスペンスを絡めた作りだが、主要人物以外の登場人物が多く映る事と、謎を引っ張りすぎた為に丸々2時間という長尺を生かし切れていません。
まず、アクションシーンが視点をあちこちに変えてしまうため、警察なのか犯罪者なのか混同してしまいます。
銃撃戦もバンバンと銃を撃つだけという印象。
それなりの迫力はあるんですが、カメラワークで損しています。
多分ですが、なんとなく「ブレード・ランナー」を意識しているようなシーンもいくつか見受けられました。

ストーリーですが、これも全然進んでいる印象が無くて、誘拐犯を追っているという事だけしかわかりません。
また、冒頭の絡みもずっと最後まで今ひとつ、遺留品の意味も解決されないまま、主人公達は右往左往した挙げ句、結局大した印象を与えないまま終わってしまう感じです。
なんというか、設定と登場人物だけ作り上げて、そこに物語を当てはめているような・・・。

主演のキム・ユンジンは心理分析官の役ですが、常に前例に当てはめて解析するだけです。
一方、もう1人の主演キム・スンウは捜査隊隊長の割りには結構行き当たりばったりな役。
演技は悪くないんですが、なんとなく乗り切れてないのかなぁ。
女性刑事メイを演じたキム・ソナは良かったですね。
なかなか、カッコイイ感じでしたがやっぱり映画同様生かし切れてません。

全体的に散逸的な印象しか残りませんでした。
これはもう編集の悪さだろうなぁ、結構予算をかけていると思うんですが、DVDで十分な映画です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2006-01-16 23:59 | SF/ファンタジー/パニック
<< ラスト・アクション・ヒーロー ラベンダー >>