トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブラックホーク・ダウン
d0030824_1791663.jpg『BLACK HAWK DOWN』 アメリカ/2001
監督:リドリー・スコット 
出演:ジョシュ・ハートネット ユアン・マクレガー トム・サイズモア 
    サム・シェパード エリック・バナ ジェイソン・アイザックス
    ジョニー・ストロング ウィリアム・フィクトナー ロン・エルダード
受賞:アカデミー賞/音響賞・編集賞(2001)


公開時コピー
あなたは この戦争に言葉を失う。
しかし、知るべき時が来た


見ようかなぁと思ったら今日テレビでやっていたので、見ました。字幕じゃないのが不本意ではありますが・・・。
1993年にソマリアで起きた市街地戦闘を描いた映画。
冷戦終結後の「後始末」とでも言うべき悲惨な戦争。ベトナム以来の大規模戦闘となるが結果的に作戦は失敗、クリントン政権が撤退を決めた敗戦の物語でもある。
監督はヒット作を飛ばす「グラディエイター」「ブラック・レイン」のリドリー・スコット、そして製作にはジェリー・ブラッカイマー。
出演は「ハリウッド的殺人事件」でハリソン・フォードと共演したジョシュ・ハートネット。
演技力に定評のあるユアン・マクレガー、トム・サイズモア、サム・シェパード、エリック・バナなど演技派が勢揃い。

<あらすじ>
1993年10月3日、米軍は東アフリカのソマリアに侵攻を開始する。目的は独裁者アイディード将軍とその側近を捕らえること。
わずか1時間で終了するはずだったこの作戦は戦闘ヘリ、ブラックホークが撃墜されたことから歯車が狂い出す。
ブラックホークの乗員を救出するために特殊部隊は行動を開始するが、戦況は悪化の一途を辿り始めた。

***

決してエンターティメント性の高い映画ではない。リアルであるかと言えば「リアルかもしれない」と答えるしかない。なにせ、戦争がどんなものかなんていうのはわからないのだから。
ただ、ある種のカオスを感じることはできる。
英雄は生まれないし、味方がやられたら助けに行き、助けに行った者がまたやられる。
戦争の矛盾を描き、それを感じさせる事ができる素晴らしい映画じゃないだろうか。

戦争映画といえば「プラトーン」「地獄の黙示録」「シン・レッド・ライン」「プライベート・ライアン」「ウインドトーカーズ」などが挙げられるが、そのどれもが戦争の悲劇あるいは狂気を描いている。決してお涙頂戴のセンチメンタルなものにならないのが戦争映画というジャンルだ。

145分と長い映画ではあるが、近代史を勉強してからこれを見るのが良いかもしれない。
by syosei7602 | 2004-12-02 23:45 | 戦争/歴史/時代劇
<< スパイダーマン ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア >>