トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
CASSHERN
d0030824_16383318.jpg『CASSHERN』 日本/2004
監督:紀里谷和明 
出演:伊勢谷友介 麻生久美子 寺尾 聰 唐沢寿明 樋口可南子
    小日向文世 宮迫博之 佐田真由美 要潤 西島秀俊
    及川光博 寺島進 大滝秀治



公開時コピー
この地に生まれた、愛する人々に捧ぐ。

今年の話題作の1つ。
宇多田ヒカルと結婚したから作れた、なんていう悪口を吹き飛ばすような映画。
何やら世間的にはかなり酷評されているようですが、あえてそんな評価に「待った」をかけたい。
出演は「DEAD END RUN」の伊勢谷友介、「RED SHADOW 赤影」「魔界転生」の麻生久美子、「半落ち」の寺尾聰、「嗤う伊右衛門」の唐沢寿明、他に及川光博、宮迫博之など。

<あらすじ>
50年間続いた戦争によって、世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合に分断されていた。
戦いは大亜細亜連邦共和国の勝利に終わるが、世界の至る所で荒廃が進み、新しい病気が蔓延していた。
東博士は妻の病気を治す為に新造細胞を研究していたが、時を同じくして息子、東鉄也が戦場で命を落としてしまう。
そんな時、新造細胞の培養槽に稲妻が落ち、新たな生命体、新造人間が生み出される。

***

この映画の凄いところはCGでもなければ、独特のハイコントラスト映像でもない。
それらは作品を表現する手段であり、決して目的ではないということ。
ストーリー的に難しいとか、別にキャシャーンじゃなくてもいいじゃないか、とか他にも色々あるわけですが、監督自体が元々「映像作家」であるわけです。
一般的にみれば、この映画は確かに映画監督の作品としてはマスターベーション的な要素が強いかもしれないが、全体を見てもわかるとおり監督の持つセンスを余すことなく使っている。

見る人は一体何を期待していたのか?
アニメ「キャシャーン」がリアル化して飛び出してきた映像?
ありきたりなCGを使った「スパイダーマン」的映画?
新人監督にありがちな小粒の無難作?

そういう映画は確かに「よくまとまった映画」として売れるかもしれない。
そういうものを期待する人には「向かない」かもしれない。
映画というのは本来「挑戦」すべき題材の1つだ。
この映画は全体として見れば編集においてはまだまだ。
しかし、同じ様な映画が跋扈する中で、アニメ的な要素や深く描こうとしたテーマ、人間関係、アクション、ハイコントラスト映像とモノクロを組み合わせた構成、不可思議なカメラワーク、これらは今までの映画にはほとんど見受けられないもの、いやむしろ触れられることの少ない領域に挑戦している。
アニメならいいものを、中途半端にアレンジするよりもこれだけ派手にやってしまったのも十分評価に値する。
ハリウッドに対抗するとか出来るといった見方をしている人には、理解しがたいのは確かではあるけれど。

演技に関しては伊勢谷友介は正直なところあまりうまいとは言い難い。
なんというか華がないというか・・・。
唐沢寿明は今まで見た中で一番格好良かったかも。
及川光博と宮迫博之の存在感は抜群。

多少長い映画ではあるが、初監督作品としては素晴らしいと思う。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2004-12-28 23:33 | SF/ファンタジー/パニック
<< ザ・ブライド/花嫁はギャングスター2 世界の中心で、愛をさけぶ >>