トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
007 ダイ・アナザー・デイ
d0030824_1759510.jpg『007/DIE ANOTHER DAY』
監督:リー・タマホリ
出演:ピアース・ブロスナン ハリー・ベリー トビー・スティーヴンス
    マドンナ ロザムンド・パイク リック・ユーン ジュディ・デンチ
    ジョン・クリーズ
受賞:ラジー賞/ワースト助演女優賞(2002)


公開時コピー
2003・SPRING 究極のスリリングが上陸する。

「狼たちの街」のリー・タマホリ監督によるブロスナン007最後の作品。
出演はオスカー女優のハリー・ベリー、「ワイルド・スピード」のリック・ユーン、007シリーズでお馴染みのジュディ・デンチ、ジョン・クリーズなど。
ハリー・ベリーの演じたボンドガール“ジンクス”役がハマリ役となった。

<あらすじ>
ジェームズ・ボンドは北朝鮮のムーン大佐暗殺を命じられ、諜報員と共に上陸する。
しかし、目前にして正体を見破られ、監禁され拷問され続ける。
時が経つこと14ヶ月、ボンドは韓国で捕虜となっていたムーンの腹心ザオと引き替えに開放される。
しかし、上司のMはボンドが情報を漏らしたと疑い、ライセンスと取り上げ施設に幽閉するのだった。
ボンドは自らの潔白を証明するため、施設を脱走するのだった。

***

前作「THE WORLD IS NOT ENOUGH」が自分の中であまりにも泣けてくる作品だったので、正直なところこの辺で007は打ち切りかと思っちゃった程でした(ソフィー・マルソーの美しさ以外に見所が無かった・・・)。
しかし、この「DIE ANOTHER DAY」はなかなかどうしてこれぞ娯楽映画ってもんだって思えますね。
内容は深く考えちゃいけません。だって冷戦終結から敵役をどうするかで悩んでいたのがバカらしくなるんじゃないかって程にハマリ役の某将軍様国家が敵役(笑)。
これを見て韓国が怒るっていうのもなんとなく頷ける。
完璧にアメリカとイギリスの従属国扱いだし、この辺は『政治的判断』も考えないとまずいんじゃないのかって思ってしまう。
まあ、やっている事が無茶苦茶なのでその辺は大目に見るしかないのか。

さて、この「007」といえばボンドガール。この呼び方は女性蔑視だと未だに言われているせいかどうか「TOMORROW NEVER DIES」のミシェル・ヨーから強い女性工作員がメインになりつつある。
ボンド1人じゃ手に負えないって事ですかね。

今回の不満点はCGの多用が目に付くこと。
なんとなく軟弱に感じるんですね、CGって(しかも明らかに合成なのがバレバレ)。
それから007の醍醐味である英国紳士的(そして歴代007的な)クールなシーンがアクションシーンに食われて消えてしまっている。
下卑た言葉で女性を口説くシーンを作る前にもうちょっとパーティだとか敵役からの『ご招待』はあっても良かったんじゃないかなぁ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2004-11-09 23:18 | アクション/アドベンチャー
<< マイノリティ・リポート トランスポーター >>