トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
d0030824_17355239.jpg『THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING』
ニュージーランド・アメリカ/2003
監督:ピーター・ジャクソン 
出演:イライジャ・ウッド ヴィゴ・モーテンセン イアン・マッケラン
    ショーン・アスティン リヴ・タイラー ビリー・ボイド
    ドミニク・モナハン オーランド・ブルーム
受賞:アカデミー賞/作品賞・監督賞他9部門(2003) 他多数受賞

公開時コピー
輪を捨てるその時、始めて明かされる感動のクライマックス
遂に完結!
その時、世界は史上最大の感動でひとつになる。


3部作完結編。
監督は前2作と変わらずピーター・ジャクソン。
出演陣も前2作とはほぼ変わらず。
アカデミー賞11部門を制覇し、他に18もの賞を獲得した。
アカデミー賞ではかの名作「ベン・ハー」に並ぶ偉業を成し遂げた。

<あらすじ>
アラルゴンとガンダルフの活躍でサルマン軍を撃退し、人間の国ローハンを救い、さらにピピンとメリーはエント族の力を借りてオルサンクの塔を破壊した。
サルマンは力を失い、封じ込められる。
しかし、冥王サウロンは人間の国ゴンドールへと侵攻を始めていた。
ゴンドールを守るため旅の仲間とローハン国は立ち上がる。
その頃、フロドとサムは滅びの山へ間近に迫っていたが、フロドは徐々に指輪の魔力に支配されつつあった。

***

相変わらず長い!
しかしおもしろい!
そしてスゴイのがなんといってもCG。
こういう使い方こそがCGを多用する映画に求められるものじゃないかと思います。
今更言うのもなんですが・・・映画館で見れば良かった!
それだけ迫力があって、おもしろい。

原作は読んだことがないんだけど、設定がややこしいと聞いていたので実は見るのを些か躊躇していました。しかし、なんてことはない。
わかりやすい作りをありがとう、ジャクソン監督。
レンタルビデオ屋で3作揃っていたとき、全部借りて一日で見てやろうなどというとてつもない計画はさすがに出来なかったけど(笑)。

「スターウォーズ」がSF映画の大作なら、恐らくこの映画を越えるファンタジーアドベンチャー映画は出てこないだろう。
戦闘シーンの迫力は桁違い。
それに目を奪われがちだけど、この映画の主役はなんだか主人公フロドと共に旅をするサムに見えてくるのが不思議だ(笑)。
サム役のショーン・アスティンがとても良い演技をしてる。
表情が良いんですね。
助演男優賞をあげたいくらいです。

映画自体はやはり3部作ってことで、全部見ないと話にならないのは仕方ないです。
そもそも、年末大型時代劇くらいの長さがあるわけなので、それを区切っているわけだから。
ただ、一気に全部見るとかなり感動すると思います。
戦いが全て終わったあたりではかなり感動していました。
最後は多少蛇足気味になっているのは仕方ないか。
しかし、映画史に残る傑作ではあるので、見て損はありません。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2004-11-20 23:10 | アクション/アドベンチャー
<< ハート・オブ・ウーマン グロリア >>