トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
モーターサイクル・ダイアリーズ
d0030824_1818632.jpg『THE MOTORCYCLE DIARIES』 イギリス・アメリカ/2003
監督:ウォルター・サレス 
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
    ミア・マエストロ メルセデス・モラーン ジャン・ピエール・ノエル
受賞:アカデミー賞/歌曲賞(2004)
    英国アカデミー賞/外国語映画賞・作曲賞(2004) 他


公開時コピー
遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた

ロバート・レッドフォード制作総指揮、「セントラルステーション」のウォルター・サレス監督によるアルゼンチンの革命家チェ・ゲバラの若き日を描いたフィクション映画。
主演は「dot the I ドット・ジ・アイ」のガエル・ガルシア・ベルナルとゲバラの‘はとこ’であるロドリゴ・デ・ラ・セルナ。

<あらすじ>
1952年、アルゼンチン・ブエノスアイレス。喘息持ちで医学生エルネストは7歳年上のアルベルトと共にわずかな所持金を持って、おんぼろバイク「ポデローサ」号に乗り、南米大陸探検の旅に出る。
最終目的地はベネズエラのカラカス。
2人の行く手にはいくつかの困難、そして貧困が待ちかまえていた。

***

一口にロードムービーといってしまうには惜しい程の傑作。
この映画には今のハリウッドにはないパワーというか、どこにも悪意は存在せず、23歳のエルネスト(ゲバラ)と友人で29歳のアルベルトの友情と南米の実情をひたすら映していきます。
そしてチェ・ゲバラという伝説的革命家がなぜ誕生したのかをリアルに、誇張せずに出している所がいいですね。
オンボロバイク<ポデローサ号>に乗って旅をしている映像は、なんかこう自分も思わず旅に出たくなりますよ、本当に。
ストーリーは感動するとか涙するとかはないけれど、見終わった後に胸に迫るものがあるというか、忘れていた感覚を呼び起こすような心地よい後味があります。

ゲバラを演じるガエルは男前で、売れそうな予感がしますね。
相棒のアルベルトを演じるロドリゴはなんとゲバラのはとこ。
映画に出てくる俳優はガエルを除いてその全てが南米出身。
ユーモアも多く、笑ってしまうところもいくつかあるので、ドキュメンタリータッチな映画なのに飽きさせないのも魅力の1つです。

そうそう、映画館はなんか妙に年配の人と1人で見に来ている人も多かったですね。
いわゆるハリウッド的大作というものじゃないので、デートには向かないのか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2004-10-24 22:55 | ノンフィクションベース
<< シティ・オブ・ゴッド アイ,ロボット >>