トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
新流星胡蝶剣
d0030824_1325482.jpg『新流星胡蝶剣/BUTTERFLY & SWORD』 香港/1993
監督:チュー・イェンピン
出演:ミシェール・ヨー トニー・レオン ジョイ・ウォン ドニー・イェン





公開時コピー
人が舞う!剣が飛ぶ!

香港のスターが一同に会したアクション時代劇。
1976年に制作された「流星胡蝶剣」のリメイクで、原作は台湾の武侠小説家・古龍の同名小説。
監督は「炎の大捜査線」のチュー・イェンピン。
アクション監督は「HERO」のチン・シウトン。
出演は「SAYURI」のミシェル・ヨー、「インファナル・アフェア」シリーズのトニー・レオン、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のジョイ・ウォン、「セブンソード」のドニー・イェン。
多少ラブコメ的な要素を含んだアクション剣劇。

<あらすじ>
中国、明の時代。
宮中では東西の政権争いが展開していた。
東側宦官ツォは余命幾ばくもなく、死ぬ前に対立する西側宦官リーと聚賢山荘の荘主ソンが交わした朝廷打倒の密書を奪い、ソンを討てと曹派快活林の武人コウに命じる。
コウは仲間で幼馴染み、そして想いを寄せるシンをソンの元へ潜入させ事にする。
もう1人の仲間イプはソン達との戦いで左腕を負傷し、コウの元へいたがその想いを伝えることが出来ずにいた。
一方、シンの妻シウティは何かとコウの元へ訪れ、恋のさや当てを繰り返していた。

***

「KILL BILL」並に首がボンボンと吹っ飛ばされたり、体が爆発してみたりと結構バイオレンスな描写に整合性のないストーリー展開、唐突な回想シーンなど映画としての出来はB級そのもの。
まあ、香港映画は人気俳優が出ていてもB級は大量にあるので気にする部分じゃありませんが・・・。

ストーリーの人間関係がやたらと恋愛を含んでいます。
主人公シンに惚れている女性武術家にして頭領のコウ、コウに惚れているシンの幼馴染みイプ、シンの妻シウティはコウがシンに惚れている事を知っていたり、そこにシン達のもう1人の幼馴染みホーチンという女性が絡むという、とにかくトニー・レオン演じるシンが惚れられまくり。
なんかもう、ここまでやられちゃうと意味なんてどうでもいいやみたいな展開になりますね。
アクションシーンはキャッチコピー通り「人が舞い、剣が飛ぶ」のが余すところ無く鏤められていて、竹林での戦いなど「LOVERS」を彷彿とさせます。
アクション監督が同じチン・シウトンだからでしょう。

出演陣は香港俳優ということでアクションシーンは安心して見られます。
トニー・レオンやミシェル・ヨーは全然変わらないですね。
相変わらずドニー・イェンは3枚目の役、ジョイ・ウォンはアクションに徹さず可愛さを前面に出すところなどちょっと勿体ないかも。
だけど、香港映画の時代劇って「剣」ものが多いなぁ。

ファンなら見て損はしない・・・とは思います。
アクションシーンを楽しめればOKな映画ですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-12-18 16:07 | 戦争/歴史/時代劇
<< コレクター ゴースト・ドッグ >>