トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ゴースト・ドッグ
d0030824_1485860.jpg『GHOST DOG: THE WAY OF THE SAMURAI』 
アメリカ・フランス・ドイツ・日本/1999
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:フォレスト・ウィッテカー ジョン・トーメイ クリフ・ゴーマン
    ヘンリー・シルヴァ ヴィクター・アルゴ トリシア・ヴェッセイ



「デッドマン」のジム・ジャームッシュ監督による武士道を重んじる殺し屋を描いたハードボイルド。
出演は「フォーン・ブース」のフォレスト・ウィッテカー、「ナイト・アンド・ザ・シティ」のクリフ・ゴーマン、「刑事ニコ/法の死角」のヘンリー・シルヴァ、「エンジェル・アイズ」のヴィクター・アルゴ「ガーゴイル」のトリシア・ヴェッセイなど。
1999年カンヌ映画祭においてパルム・ドールにノミネートされた。

<あらすじ>
ニューヨーク、伝書鳩を連絡の手段とし、武士道精神を書いた日本の古典「葉隠れ」を信条とする殺し屋ゴースト・ドッグ。
彼は8年前、命を救ってくれたマフィアの幹部ルーイを主として数々の仕事をこなしてきた。
次の標的はボスの娘ルイーズに手を出したファミリーの一員フランクの抹殺。
しかし、街を出た筈の彼女が居合わせた事から事態が一転してしまう。ゴースト・ドッグはルイーズを殺さずに去ったものの、ルーイはボスと幹部のソニーから呼び出され身内であるフランクを殺した殺し屋を始末するように言い渡される。
その頃、ゴースト・ドッグは言葉は通じないが気心の知れたアイスクリーム屋のレイモン、公園で知り合った少女ヴァーリーンと平和な日常を過ごしていた。

***

ジム・ジャームッシュといえば日本が好きな監督の1人として有名ですが、この映画の中では山本常朝(1659~1719)の「葉隠」の言葉を多く引用しています。
最も有名な言葉は「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」。
とはいっても、やはり日本文化を誤解している部分は多々あります。
例えばフォレスト・ウィッテカーが回想しているシーンで着ているTシャツに「全て熟知」と書かれていたりして・・・まあ、外国の人から見れば日本語(特に漢字)は魅力的なんだろうけど。

この武士道を重んじるゴースト・ドッグは劇中では銃しか使いません。
一応、刀を素振りしているシーンなどあるんですが、良く見ると刀が逆さま。普通は刃を上にして腰に差すんですが、逆になってるんですね(太刀なら上に向けるんですが)。
そんなツッコミはありつつも、拳銃を撃つシーンに残像を加えたり、刀のようにシュッと振り回してホルスターに入れたりするなどアメリカならではの演技が面白い。
しかも伝書鳩が連絡手段というのはかなり不便っぽいんですが、その理由が語られる事がないのがちょっと残念。

主演のファレスト・ウィッテカー、ちょっと体が大きくて動きが遅そうに見えるんですが、とてもシャープに動くんですね。
そして、歩くときはなぜか首を横に振りつつラップ的な動き。
ジム・ジャームッシュの仕掛ける数々の演出も見所です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-12-17 16:18 | ハードボイルド/犯罪
<< 新流星胡蝶剣 ドラゴン・イン >>