トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
リング0 ~バースデイ~
d0030824_21215419.jpg『リング0 ~バースデイ~』 日本/2000
監督:鶴田法男
出演:仲間由紀恵 田辺誠一 田中好子  麻生久美子 若松武史
    奥貫薫 高畑淳子 伴大介 雅子 木村靖司 角替和枝




公開時コピー
ついに明かされる、貞子出生の秘密。

ハリウッドでも大ヒットした鈴木光司原作の「リング」シリーズ完結編。
監督は「予言」の鶴田法男。
出演は「トリック 劇場版」「SHINOBI」の仲間由紀恵、「イン・ザ・プール」の田辺誠一、「インストール」の田中好子、「CASSHERN」の麻生久美子など。
ホラー重視よりも、人間関係の泥沼に視点を置いた作品となっている。
主題歌はL’Arc~en~Ciel。

<あらすじ>
昭和43年、18歳の山村貞子は上京し、劇団飛翔に入団する。
しかし、彼女が入団してから劇団内はただならぬ雰囲気に支配されていった。
看板女優の葉月愛子は貞子を敵視するが、悪夢を見るようになる。
そして稽古中に事故死してしまう。
愛子の代りに主演女優になった貞子。
しかし、劇団員は彼女を奇異な目で見るようになるが、ただ1人音響の遠山だけは貞子に優しく接するのだった。

***

「リング」シリーズはひとつの物語ながら実に多く映像化されています。
テレビ版(高橋克典主演)、映画版(松嶋菜々子主演)、ハリウッド版(ナオミ・ワッツ主演)、テレビドラマ版(柳葉敏郎主演)。
完成度は映画版、ハリウッド版、テレビ版となるでしょう。
テレビドラマ版「リング ~最終章~」は連続ドラマということで、長尺になりすぎた上に映画のように凝縮した恐怖というものがほぼゼロ、物語でキーマンとなった高山の存在が変わりすぎたという設定も駄目でした。

さて、この「リング0」はストーリーとしてはホラーというには程遠い作り。
むしろ劇団飛翔の中における人間関係が中心で、その人間心理・・・これはイジメといった陰湿なものではなく「自分とは違う人間」に対する畏怖を描いたものです。
「リング」本編では貞子が幼い頃から母・志津子を上回る能力の持ち主でしたが、それが本格的に覚醒して井戸に放り込まれる迄がこの「リング0」になります。
人間の残虐性を描いたという点ではうまい映画ですね。

主演の仲間由紀恵はこの映画で本格的に主演を張った訳ですが、かなり熱の入った演技。
「リング」シリーズの貞子役は「リング」「リング2」では伊野尾理枝、「らせん」では佐伯日菜子と入れ替わってます。
田辺誠一、田中好子と手堅い俳優が脇にいるのも見所。

ホラーとしては物足りなさを感じるものの、ストーリーは破綻もなく全体に流れる不気味な雰囲気はなかなか。
まあ、仲間由紀恵ファンは必見って言ったところですが(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-12-02 23:58 | ホラー/オカルト
<< 食神 茄子 アンダルシアの夏 >>