トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
トランスポーター イグニション
d0030824_00584791.jpg『THE TRANSPORTER REFUELED』フランス/2015
監督:
カミーユ・ドゥラマーレ
出演:エド・スクレイン レイ・スティーヴンソン
ロアン・シャバノル ガブリエラ・ライト
タティアナ・パイコヴィッチ ウェンシア・ユー
ラシャ・ブコヴィッチ  レン・クドリアヴィツキ
アナトール・トーブマン ノエミ・ルノワール





公開時コピー
依頼品は3人の美女
報酬は父の命


ジェイソン・スティサムをスターダムに押し上げた「トランスポーター」シリーズが新しいストーリーでリメイク。
監督は「96時間/リベンジ」「トランスポーター3 アンリミテッド」の編集を手がけ、「フルスロットル」で監督デビューを果たしたカミーユ・ドゥラマーレ。
主演は「バトルフィールド」のエド・スクレイン、「G.I.ジョー バック2リベンジ」のレイ・スティーヴンソン、モデル出身で新進気鋭の女優ロアン・シャバノルなど。

<あらすじ>
プロの運び屋フランク(エド・スクレイン)は、久しぶりに会った父親(レイ・スティーヴンソン)との余暇を過ごしていた。そんな彼にアンナ(ロアン・シャバノル)という女性から依頼が入る。
彼女の依頼は2つの荷物。しかし、実際にはアンナの他に2人の美女が乗り込んでくる。
荷物ではないと憤るフランクだったが、アンナはフランクの父親を誘拐したことを告げ、彼は否応なしに仕事をするはめに。
彼女らの目的は、彼女たちを娼婦としてこき使い、利潤を得ていた組織への復讐だった。



<総評>
リュック・ベッソンの映画会社ヨーロッパコープの最新作。となれば、新しい俳優達の発掘も兼ねているわけですが、ここ最近は同じような作品ばかりのような気がします。特に「トランスポーター」シリーズは既にジェイソン・スティサムの出世作として知られているだけに、TVシリーズ以外で映画化となると、ハードルが高いような…作品自体に新鮮味があるかと言われると微妙なところです。
さて、本作はシリーズ同様に主人公はフランク。3つのルールは同じで、運ぶものが美女というお約束パターン。
父親を誘拐され、仕方なく彼女たちと協力するわけですが、相変わらずのカーアクション、格闘という展開です。
本作の面白さはなんといっても父親の存在でしょう。
裏の仕事をするなら家族の関係は伏せておくのがセオリーのような感じもしますが、この父親が実に良い味を出しています。
アクションシーンに目立って特長的かつ目新しい部分が無く、極めて平均的。もう少し想像力が欲しかったところです。
主演のエド・スクレインは少し線が細く、ジェイソン・スティサムほどの強さを感じられません。アクションは良かったんですが、もうちょっと特長的な何かが欲しかった。父親を演じたレイ・スティーヴンソンはちょいエロ親父感が抜群です。一番味が出ていたかな。
ヒロインのロアン・シャバノル、ベッソン映画にしては珍しいタイプかもしれません。もう少し薄めのメイクで見たかった。
作品全体としては小粒感が否めません。やっぱり同じネタで設定を変えて…となると、期待するのは新鮮さです。いっそのこと、車を小型車に変えるとか位あれば、面白さがアップしたかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2015-11-03 23:59 | アクション/アドベンチャー
<< 俺物語!! ジョン・ウィック >>