トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
アンフェア the end
d0030824_01355994.jpg『UNFAIR THE END』日本/2015
監督:
佐藤嗣麻子
出演:篠原涼子 永山絢斗 阿部サダヲ 加藤雅也
AKIRA (EXILE) 寺島進 佐藤浩市 吉田鋼太郎
向井地美音 丸山智己 浜近高徳 高瀬アラタ
山田孝之






公開時コピー
これで、すべてを終わらせる。

秦建日子の小説「推理小説」を基にしたTVドラマ「アンフェア」の完結編。2006年のTVシリーズから9年かけての完結編となり、本作の脚本自体はオリジナルとなっている。
TVスペシャルがスピンオフを含め4本制作されている。
監督は同シリーズの脚本を手がけた佐藤嗣麻子。
出演はシリーズの篠原涼子、阿部サダヲ、加藤雅也、寺島進、佐藤浩市に加え、「クローバー」の永山絢斗、「草原の椅子」のAKIRA、「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」の吉田鋼太郎など。

<あらすじ>
優秀な刑事だった父の死の真相を探るため、捜査一課の刑事になった雪平夏見(篠原涼子)。父が警察内部の不正に迫っていたことを知った雪平は、犠牲と引き換えに証拠を入手する。
一方、雪平に手を貸した検事の村上(山田孝之)とその父親である元検事総長が相次いで殺される。
容疑者としてシステムエンジニアの津島直紀(永山絢斗)が逮捕されるが、彼は取調に雪平を指名しする。彼は司法の不正を暴こうとしたために、罠にはめられたと主張するが…。



<総評>
実を言えばシリーズのほとんどを見ておらず、ちゃんと見たのが1作目「the movie」と前作の「the answer」のみ。とはいえ、おおよその筋は前作(2作目)からでも把握できたので、楽しめました。
女性刑事が主人公の作品は割と良作が多く、「ストロベリーナイト」「沙粧妙子 - 最後の事件 -」「ケイゾク」などなどあります。
その中でも「アンフェア」シリーズはTVスペシャル、劇場版が制作されることから、高い人気がうかがえます。
サスペンスやミステリ、アクションの要素が十分かつ、女性監督ならではの女性視点という刑事ドラマとして面白く、成立しているのかもしれません。
さて、父親の死の真相を探るために刑事になった雪平。思わぬところで警察内部の不正の証拠を掴みます。証拠を抱えた彼女の元にやってきたのは、殺人犯として逮捕されたSEの津島。
2人は警察内部の不正を暴くために行動し、警察から狙われるわけですが、誰が黒幕でそして一味なのか、という展開がなかなかスリリングで面白い。前作からうまく繋がっており、伏線の回収も見事です。
アクションシーンもかなり力が入っていますが、良い感じにキレイ過ぎず、予定調和のような立ち回りが少ないですね(最近は何でも決まった動きのアクションが多すぎる)。それにしても、雪平の拳銃がマニアックです。S&W M39なんて日本の警察での使用は極一部(というかまだ使ってるのか?)だけだし、細かいところがこだわってます。
主演の篠原涼子はすっかりできる女性、という役柄が板に付いてきました。冒頭からヌードシーンを披露していますが、スタイルがいいですね。この人自体がスタイリッシュです。
永山絢斗は好演。完結編での重要な役割を十分に果たす演技力を見せてくれます。
阿部サダヲや加藤雅也、それに寺島進、佐藤浩市がしっかりと助演していますが、それにしてもAKIRA…うーん、今回のような役は向いているのかな。やっぱり演技が少し見劣りしますね。
作品自体の完成度は非常に高く、最後まで息をつかせない面白さでした。
実は1作目の「the movie」はほとんど印象に残っておらず、出来もかなり不完全だった印象があります。しかし、本作はアクション映画としての見応えもあり、シリーズのファンなら納得のできじゃないでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2015-10-22 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< 009 RE:CYBORG バック・トゥ・ザ・フューチャー... >>