トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
d0030824_23471514.jpg『ATTACK ON TITAN』日本/2015
監督:樋口真嗣
出演:三浦春馬 長谷川博己 水原希子 本郷奏多
三浦貴大 桜庭ななみ 松尾諭 渡部秀 水崎綾女
武田梨奈 石原さとみ ピエール瀧 國村隼







公開時コピー
運命に挑め――。
戦わなければ、勝てない。


アニメ化から一気に火がついた諫山創原作の「進撃の巨人」、実写化。
前後編の2部構成とWeb限定公開のスピンオフの1作で、ストーリーはオリジナル、設定はキャラクターをはじめ、世界観など大きく変更されている。
監督は「のぼうの城」の樋口真嗣、脚本は映画評論家の町山智浩と「ジョーカー・ゲーム」の渡辺雄介。
出演は「永遠の0」の三浦春馬、「ラブ&ピース」の長谷川博己、「ノルウェイの森」の水原希子など。

<あらすじ>
謎の巨人達が人類を滅亡の危機に追いやり100年。生き残った者たちは巨人を防ぐために、巨大な壁を三重に築き平和に暮らしていた。
壁の外の世界に憧れる青年エレン(三浦春馬)は、幼なじみのアルミン(本郷奏多)、ミカサ(水原希子)にその夢を語る日々。
ある日、壁の間近に来た3人の目の前に超大型巨人が現れ、壁の一部が崩壊し街は壊滅する。
それから2年、辛うじて生き延びたエレンとアルミンは巨人に対抗する調査団に入団し、壁の修復へと向かうことになる。


<総評>
原作を読まず、アニメのみを見ていた「進撃の巨人」。個人的には実写化にお金を使うならアニメ版の続編を作って欲しかったかも。
これを書いている時点では後編も見終わっているのですが、まずは前編から。
原作からの改変箇所は、主人公達が少年ではなく青年であり、特にミカサは単なる女の子。世界観は中世ヨーロッパ風ではなく、あくまでも現代社会の技術が僅かばかり残っているため、壁は煉瓦造りではなくコンクリート、移動手段は馬から車になっています。
これだけでもガッカリ感が強くでているのですが、さらにはミカサと並ぶ人気キャラクターのリヴァイは登場せずに、シキシマなる隊長が登場します。
前提条件がこれだけあると、ストーリーはほぼ別物と言っていい展開になります。
さて、壁の中で平和に暮らしていた人類を襲った巨人達。エレン達は巨人を倒すために、調査団に入るのですが、そこそこ科学兵器が残っている状態で立体起動装置って…とちょっと疑問に思ってしまいます。
荒廃した世界観は若干、マッドマックス風味ですが登場する巨人達が見事すぎる。とにかく気持ち悪い。そして、人間を食べるシーンは圧巻の恐怖。
うーん、ここまでは割と見られたのですが、問題はシキシマでしょうか。
とにかく、このシキシマがリヴァイの代わりというのはキャラクター設定を間違えているとしか言いようが無い。
すかしたセリフと芝居がかった動き…演じた長谷川博己はもっとうまいはずなのに、いやうまかったよね?と思わず再確認してしまいました。
そして、ミカサのキャラクター設定もなんというか、エレンを守ることだけに自分を捧げてきた彼女の強さが欠片も見られず。もちろん、原作は過去の話ありきだとはわかっていますが、やっぱり違うんだよなぁ。
出演陣は三浦春馬は正直あまりうまいとは思えないですね。中心となる長谷川博己と水原希子も含めて、残念な感じでした。
唯一、キャラが立ち過ぎたハンジ役の石原さとみだけが救いかもしれません。
後編へ続く。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2015-10-12 23:52 | SF/ファンタジー/パニック
<< 進撃の巨人 ATTACK ON... THE NEXT GENERA... >>