トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~
d0030824_1452884.jpg『小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~』
日本/2013
監督:石原立也
声:内田真礼 福山潤 赤崎千夏 浅倉杏美
上坂すみれ 保志総一朗 仙台エリ 井上喜久子
天野由梨 福原香織 設楽麻美





公開時コピー
完全武装(フルアーマー) 六花、発進

京都アニメーション大賞小説部門奨励賞を受賞した同名ライトノベルTVアニメシリーズの劇場版。
ヒロインであり主人公の1人である小鳥遊六花(たかなしりっか)の目線から描かれた総集編的意味合いと2ndシーズンへの繋ぎともいえる構成となっている。
監督はTVシリーズの石原立也、声もTVシリーズ同様となっている。
同時上映として主人公・富樫勇太の中二病時代を描いた「中二病でも恋がしたい!Lite」が公開されている。

<あらすじ>
中学時代、重度の中二病を患い、自らをダークフレイムマスターと名乗っていた富樫勇太は、高校入学を機にその全てを忌まわしき過去として封印する。
ところが入学式当日、油断から中二病の姿をクラスメイトの小鳥遊六花に見られてしまう。六花は右目に眼帯をし、自らを邪王真眼の使い手と名乗る現役の中二病だったのだ。
六花は偶然にも勇太の住むマンションの上に姉と住んでいた。
勇太をダークフレイムマスターとして認識し、なんだかんだと行動を共にするようになる。
一方、勇太は周囲に元中二病とバレるのを恐れ、六花に振り回されるのだが…。
d0030824_1453951.jpg

<総評>
中二病とはファンタジー的な世界が現実の日常生活に浸食し、完全にイタイ人になってしまう病気である…と書けば、普通にダメなヤツですが、思春期というのは多かれ少なかれ、自分のことを格好いいとか他人とは違うとかと思ってしまうわけで。
まあ、SFやファンタジー映画の監督や脚本家なんかも中二病的発想がそのまま現実的な職業として成立しているようなもんじゃないかと(あくまでも個人的な考えです)。
本作はTVシリーズ全13話の印象的なシーンを集めた総集編に加え、冒頭やラストは新作シーンとなっており、2ndシーズンへの布石となる構成です。
さて、物語はTVシリーズのラストから続く形となり、六花が勇太との出会いと過ごした日々を回想していきます。
基本的に総集編ですが、物語の連続性はかなり切られており、六花が直接的に関係ないところは割愛(特に勇太の友人、一色誠はほぼゼロだし、凸守と勇太の名シーンが切られたのはちょっと残念)。
あくまでも六花の記憶だよ、という潔さは評価できますが、これをどう見るか…まあ、冒頭の中二病全開なシーンは笑えるのでよしとするか。
ストーリーの根幹がしっかりしているため、勇太と六花の関係や思春期もとい青春な展開はきちんと楽しめます。
ラスト間近のシーンはとても印象的で良かったかも。
声の出演者達はやはりプロと思わせる演技っぷりを披露。
特に福山潤の中二病モードは聞き惚れるほど(笑)。
そういや本作は妙にキンキンとしたアニメ声の声優さんがいなかったなぁ。2ndシーズンに繋がるラストはありがちパターンで残念ですが、新キャラも登場するので楽しみですね。
ファン向けの作品です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-09-25 23:59 | アニメ/CG
<< サカサマのパテマ スター・トレック イントゥ・ダ... >>