トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
d0030824_0322325.jpg『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』 日本/2013
監督:橋本一
出演:大泉洋 松田龍平 尾野真千子 ゴリ
渡部篤郎 田口トモロヲ 篠井英介 波岡一喜
近藤公園 筒井真理子 矢島健一 松重豊






公開時コピー
四つの運命は、【謎】で出会う。さあ、冒険のはじまりだ。

札幌在住の東直己によるハードボイルド探偵小説「探偵」シリーズ2度目の映画化。本作の原作となったのは4作目の「探偵はひとりぼっち」。
監督は前作に引き続き橋本一。
そして出演はこちらも前作に続き、もはや1作目にしてはまり役を得た大泉洋、相棒役には松田龍平。
共演は今や引っ張りだことなった尾野真千子がヒロイン、ゴリ、渡部篤郎など。

<あらすじ>
札幌の歓楽街ススキノ。探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)の顔なじみのオカマのマサコちゃん(ゴリ)がマジックにはまり、全国大会で優勝する。その直後、マサコちゃんは何者かに殺害されるが、警察の捜査は思うように進まず、探偵は女に堕落した生活のせいでススキノから離れてしまう。
ほどなくして女にふられた探偵は、一向に進まないマサコちゃん事件に疑問を抱き、独自に捜査を始める。そんな中、探偵と高田の前に売れっ子の美人ヴァイオリニスト河島弓子(尾野真千子)が現れ、大切なファンだったマサコちゃん殺しの犯人を捜したいと言う。
向こう見ずな弓子をなだめ、彼女の依頼として再び捜査を始めた探偵達は、マサコちゃんの交友関係に衆議院議員の橡脇(渡部篤郎)がいることを突き止めるが…。
d0030824_0312876.jpg

<総評>
まさにはまり役である。マーロウほどハードボイルドではなく、ホームズほどクールではなく、ポアロほど理知的ではなく、これほど俗っぽい探偵を演じられるのは大泉洋のみ。
前作から様々な面でスケールアップした本作は、原作シリーズの4作目を基に構成されているそうな…というのも、原作では銃撃戦やアクションは無いらしく、あくまでも映画としての見映えでアクションてんこ盛り。うん、いいんじゃないかね、こいう80年代的なノリって。
さて、ストーリーは仲良しのオカマが殺されたところから始まる。本作で描かれるススキノはとにかく風俗街というイメージが強く、警察よりもヤクザといったアングラ的な要素が強い。で、謎の美女ヴァイオリニストが1人のファンの為に捜査を依頼。その過程で、この美女がとにかく暴走し、巻き込まれる探偵と高田。
金属バットなどで武装した一見、過激派のような連中が人海戦術で襲ってくると言う凄まじい有様。
結論からいうとこの探偵シリーズ、見ていて面白い。面白いがちょっとやり過ぎ感もあるし、クライマックスはあざとすぎたか…。
もっとね、頭使っても良いと思うというのが正直な感想。
出演者、皆良い味だしているのだ、これが。
大泉洋と松田龍平の掛け合い、田口トモロヲや波岡一喜の名脇役感、何よりも松重豊の軽妙かつ重厚感がいいんです。
しかし、浮いちゃったのが尾野真千子、美女ってほどじゃない上に関西弁が致命的。存在感は良かったんだけど。
続編はまだまだ?作られそうな予感。であれば、監督を変えてみるのもおもしろい作品。次作にさらなる期待をしよう。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-05-11 23:59 | ミステリ/サスペンス
<< 図書館戦争 ラストスタンド >>