トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ハングオーバー!!! 最後の反省会
d0030824_4315145.jpg『THE HANGOVER PART III』 アメリカ/2013
監督:トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー エド・ヘルムズ
ザック・ガリフィナーキス ケン・チョン
ヘザー・グレアム ジェフリー・タンバー
ジャスティン・バーサ ジョン・グッドマン
メリッサ・マッカーシー




公開時コピー
もう しません。

飲み過ぎ注意!をテーマに、様々な騒動を起こした挙げ句、知らないうちに犯罪に巻き込まれるという下ネタコメディな「二日酔い」シリーズの完結編。
本作は前作の後始末的な展開となっているので、二日酔い&記憶ロストがメインではなく、前2作のファン向け作品というべき展開となっている。監督は前2作と変わらず、トッド・フィリップス。もちろん出演陣も変わらず&ジョン・グッドマンとメリッサ・マッカーシーが登場。
でも悪ノリはケン・チョンだな、やっぱり。

<あらすじ>
アラン(ザック・ガリフィナーキス)の奇行・悪癖が悪化し、ついに父親がショックで他界してしまう。義兄のダグ(ジャスティン・バーサ)は面倒見切れないと判断し、フィル(ブラッドリー・クーパー)とステュ(エド・ヘルムズ)に手伝ってもらい、アランを療養施設へと入れることに。
車で2日の距離の旅に出る4人だったが、その道中でギャングのボス、マーシャル(ジョン・グッドマン)に拉致される。
彼の目的はチャウ(ケン・チョン)が横取りした金塊だった。
チャウはバンコクで投獄されていたものの、脱獄して行方をくらませていた。唯一の手がかりはチャウと連絡を取り合っていたアランのみ。
ダグを人質に取られ、チャウを探して捕まえることになった3人だったが…。
d0030824_432942.jpg

<総評>
反省無き二日酔いの顛末が毎度とんでもない結果になる狼軍団最後の物語(ホントに最後かよっ!と言いたいけどさ)。
正直なところ、前作見ていないとわからないような展開なので、あくまでもファン向けなんだろうなぁ…非常に大人しくなってしまった。
とはいえ、笑えるところはたくさんあるし、割と満足したので三部作の落とし所としては及第点。
さて、アランの暴走と空気の読めなさから始まり、ギャングの八つ当たりに巻き込まれ、チャウのキレっぷりに振り回される狼軍団。ああ、でも酔っ払ってないからフィルとステュが理性で動いてる!という残念な一面も垣間見えるけど、それを悪い方向に補うのはやっぱりアランなわけで。
しかしまあ、理性がある状態でアランに説教されるステュの可哀想なことこの上なし。なんかもう、人生否定されますな(笑)。
色んなところが普通になっちゃったけど、前2作見ない奴が悪い!と言いたい。というか言い切りたい。
で、やっぱりラストはアレなのね…腹筋崩壊しましたよ。
レギュラーメンバーはすっかり人気俳優になったブラッドリー・クーパー。酔っ払わないと普通だなぁ。
しかし、エド・ヘルムズはヘンタイにしか見えないし、ザック・ガリフィナーキスなんてキャラ立ち過ぎだぜ。
ケン・チョンはこれ以上のヘンタイキャラ、以降はやらないだろうなぁ、たぶん。
まあ、この映画の言いたいことって、きっと「I love cocaine」に集約されるな、きっと。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2013-07-13 23:59 | コメディ/パロディ
<< 真夏の方程式 サイレントヒル:リベレーション3D >>