トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
アイランド
d0030824_1334116.jpg『THE ISLAND』 アメリカ/2005
監督:マイケル・ベイ
出演:ユアン・マクレガー スカーレット・ヨハンソン ショーン・ビーン
    スティーヴ・ブシェミ ジャイモン・フンスー
    マイケル・クラーク・ダンカン



公開時コピー
生きのびろ、
地上でもっともピュアな魂。


今まで監督した作品のほぼ全て(「バッド・ボーイ」「アルマゲドン」等)が大ヒットを飛ばしているマイケル・ベイ監督によるSFアクション大作。
今作はベイ監督作品にお馴染みの製作者ジェリー・ブラッカイマーの名が無いところがある意味注目。
出演は「ビッグ・フィッシュ」のユアン・マクレガー、「ロスト・イン・トランスレーション」のスカーレット・ヨハンソン、「トロイ」のショーン・ビーン、「ル・ブレ」のジャイモン・フンスー、「グリーンマイル」のマイケル・クラーク・ダンカンなど。
136分の長さながら、テンポのいい展開とアクションで楽しませてくれる映画。

<あらすじ>
近未来。
管理が行き届いたコミュニティで暮らすリンカーンは悪夢にうなされ、目覚める。
大気汚染の外界から救われて3年、コミュニティには多くの人々が住み、いつかいける筈の楽園「アイランド」を夢見ていた。
アイランドにいけるのは抽選で当選した者のみ。
しかし、リンカーンはコミュニティに疑問を抱き続けていた。
それは排気口から入ってきたと思われる虫を発見してからますます強くなる。
そんな時、彼と仲の良い女性ジョーダンがアイランド行きに選ばれる。
喜ぶ2人だったが、リンカーンは虫の入った場所を探しに夜中にコミュティを歩き回り、この場所と自分たちが存在する秘密を知ってしまうのだった。

***

公開時期に注目の2作、「宇宙戦争」「スター・ウォーズ エピソード3」が重なってしまったためにヒット出来なかった秀作です。
日本でもメジャーな俳優になりつつあるユアン・マクレガーと「ロスト・イン・トランスレーション」の冒頭の“お尻”で観客の男性を虜にしてしまった(笑)、スカーレット・ヨハンソンが主演、そしてアクション映画に定評のあるマイケル・ベイ・・・。
これだけ揃ってなぜヒットしない!?と思いますね。

正直なところ「スター・ウォーズ」より面白かったと思います(ユアンもでてるけど)。
まず、かなりSF的構造の建物で観客を惹きつけ、未来世界じゃお馴染みとなりつつある管理世界を描くことで、徹底的に「これは完全にSFだな」と思わせちゃうあたりがうまい。

肝心の物語ですが、まず「ブレード・ランナー」や「マトリックス」「シックス・デイ」あたりが近いと言えます。
もっともこれは対立構造だけの話であって、中身はとてもキレイにまとまってます。
ぶっちゃけて言えば、公式サイトにもあるようにこれはクローンの話です。
人間のクローンはアメリカでも公式的に否定されているのは事実ですが、実質的に言えばクローンの扱いを考えるとしたら、この映画のようになってしまうでしょう。
そう言ったエグさも含めて、本編でもかなり酷い描写など出てきます。
しかし、それらを差し引いても脚本のうまさ、アクションの醍醐味などは特筆すべきものがありますね。
CGもうまく使われているので、言うことありません。

出演陣はもはや好きな人にはたまらないでしょう。
ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン共に格好良く、ハマリ役。
脇を固める俳優陣もまさに主演2人を邪魔しない感じで、うまく演じてくれています。
これだけの映画が撮れるマイケル・ベイ監督、もっと頑張って欲しいですね。

残念なのはラスト。
まあ、個人的にはOKでしたが、人によっては「その後は?」という説明が欲しいかもしれません。
あと、この映画について盗作疑惑が持ち上がっています(「クローン・シティ/悪夢の無性生殖」に90もの類似性があるとか)。
その映画を見ていないのでなんとも言えないんですが、大量の映画が作られている時代に同じようなシナリオになってしまう事もあるでしょう(もっとひどいパクリ映画なんて存在するわけだし)。
もっともそれを差し引いても、お薦め映画であることは揺るがないんですけどね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。

人気blogランキング ←ポチッとクリック
by syosei7602 | 2005-09-26 22:36 | SF/ファンタジー/パニック
<< マシニスト ファンタスティック・フォー [... >>