トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
タッチ
d0030824_13191490.jpg『TOUCH』 日本/2005
監督:犬童一心
出演:長澤まさみ 斉藤祥太 斉藤慶太 RIKIYA 平塚真介
    風吹ジュン 宅麻伸 小日向文世 上原風馬 安藤希
    福士誠治 若槻千夏
 


公開時コピー
初めての恋の切なさも、キラキラ輝く

高校野球を題材にし続けるあだち充の同名傑作コミックの映画化。
80年代後半の時代設定を現在に置き換えて作られている。
監督は「ジョゼと虎と魚たち」「死に花」の犬童一心。
出演は「世界の中心で、愛をさけぶ」「ロボコン」の長澤まさみ、テレビドラマ等で活躍する双子・斉藤祥太、斉藤慶太、「阿修羅のごとく」のRIKIYA、他に演技派の風吹ジュン、小日向文世、宅麻伸など。
主題歌はYUKI。

<あらすじ>
上杉達也、和也の双子兄弟と幼馴染みの浅倉南は子供の頃から一緒だった。
同じ高校、明青学園に進学した3人だったが、兄の達也は落ちこぼれ、和也は野球部のエース、そして南は野球部のマネージャーになっていた。
和也は南を甲子園に連れて行くと約束し、予選を難なく勝ち進んでいく。
一方の達也は同級生の原田に誘われ、ボクシング部に入る。
達也と和也、そして南の関係は微妙なバランスで保たれていたが、予選決勝戦の当日、思いもよらぬ事故が起きてしまう。

***

むー・・・原作のファンなら首をかしげる出来です。
犬童一心監督は「ジョゼ~」「死に花」と見て、結構好きな監督なんですが、やはり原作のイメージ、何よりもアニメ版のイメージが強すぎるのかもう少し頑張って欲しかったところ。

コミックやアニメが原作で存在する場合、個人的にはそれを絵コンテとして素直に描いてしまえば一番いいんじゃないかと思っているんですが、この映画は実写としてのオリジナルであろうとしすぎてバランスが崩れてしまったように思えます。

まず、オープニングはやはり「タッチ、タッチ、ここにタッチ♪」と始まって欲しかった。
制服が詰め襟じゃないとか、なぜか通学がバスだとか、南が泣いている場所が河川敷の高架下じゃないとか、孝太郎が「コタロー君」と呼ばれなかったり、南ちゃんと呼ばれなかったり、セカチューで坊主頭になったんだからレオタードくらい着てくれよとか、原田がしゃべりすぎ、新田の印象が悪い上に南に惚れなきゃダメじゃんとか・・・端々に違和感を感じてしまいます(文句言い過ぎ?)。

勿論、これは原作を読んでいたからであって、そのギャップを埋めるのは仕方ないとは思います。
どうも、長澤まさみの南役や今ひとつの印象、斉藤兄弟がそれほど魅力的じゃなかったとも言えますね。
意外に印象に残ったのが孝太郎役の平塚真介、一番はまっていたような気がします。

野球風景ですが、ここは思い切ってもっとCGなんか駆使しちゃって、ボールが曲がったり、三振したりする瞬間を描いて欲しかったところ(こういうスローモーションな描き方はあだち充も多用しているし)。
どうせなら、「背番号のないエース」くらいまでの話でバシッと決めてくれても良かったんじゃないかなぁ(映画オリジナルだし)

あと、見た映画館が悪かったんですが、音響が悪くて俳優たちの滑舌が悪く聞こえちゃって、これもだれました・・・ついでに言えば、映画館に来ていたのが高校生くらいの学生だらけで・・・マナー最悪。上映中に話したり、携帯電話見ないでくれ。
頼むから。

文句ばかり書いていますが、青春映画(もしくはアイドル映画)としてはそこそこだと思います。
まあ、長澤まさみ可愛いしね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2005-09-18 23:35 | 恋愛/青春/スポーツ
<< オペラ座の怪人 SHINOBI >>