トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
009 RE:CYBORG
d0030824_03035165.jpg『009 RE:CYBORG』 日本/2012
監督:神山健治
声:宮野真守 小野大輔 斎藤千和 大川透 増岡太郎
吉野裕行 杉山紀彰 丹沢晃之 玉川砂記子 勝部演之








公開時コピー
終わらせなければ、
始まらない。


石ノ森章太郎による名作コミック「サイボーグ009」を「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「東のエデン」の神山健治が3D映像により映画化。
脚本は神山監督が手がけ、ストーリーは原作に描かれた時代から27年後の現代となっている。
声は「劇場版 弱虫ペダル」の宮野真守、「宇宙戦艦ヤマト2199」の小野大輔、「物語」シリーズの斎藤千和など。
公開当時、人材派遣スタッフサービスと連動したアニメCM「正社員サイボーグ003」やペプシネックスとコラボした「PEPSI NEX×009 RE:CYBORG」が制作された。

<あらすじ>

かつて世界の危機を救ってきた00ナンバーのサイボーグ9人は、故郷に帰って生活していた。
2013年、各国の超高層ビルで爆破テロ事件が連続して発生、ギルモア博士からサイボーグたちに招集がかかる。
しかし、009の島村ジョーは記憶をリセットされ、高校生として生活していた。
テロの実行犯たちは「人類は一度やり直さなくてはならない」という「声」を聞いて、実行していた。ジョーもまた、その声を聞き、六本木ヒルズに爆弾を仕掛けようとするが003のフランソワーズと005のジェロニモによって記憶を戻され、事なきを得る。



<総評>

「009」といえば、記憶にあるのはアニメ第3期(2001~2002年)のラストと見たという記憶だけはある劇場版2作のみ。原作自体がすでに半世紀に届こうかという作品なのですが、石ノ森章太郎の作り出したキャラクターは仮面ライダーやキカイダー(というかハカイダー)などと、非常に強烈なインパクトを残しつつ、後生に残るというのは凄いことです。特に仮面ライダーは既にバッタからはかけ離れてますが…そういった流れから考えると本作は割と真っ当な続編でしょう。
本作のキャラクター達はリアル指向になってしまい、残念ながら石ノ森章太郎が描いたキャラクター造形からは離れてしまっています。とはいうものの、キャラクターの設定そのものが大きく変わったわけではなく、さらにストーリー自体も原作の第4期「神々との闘い編」や完結編として構想された第9期「Conclusion God's War」がベースになっているようです。
さて、物語は記憶を消された009がいきなりテロ活動!?という、魅力的な展開から始まります。サイボーグ達はそれぞれの人生を歩んでいる中で起きた連続テロとそれに関わる謎の声。
この謎の声を巡って戦いが始まるのですが、アクションよりもストーリー重視の展開になっており、さらに神山監督お得意の説明的かつ哲学的要素が含まれた台詞回し、原作にある009、002との関係(003を含めた三角関係は既に終わっているが…)をはずすこと無く描かれています。
明確な敵との戦いよりもサイボーグ戦士達そのものの物語という印象が強く、ラストもこれまたちょっと考えさせられます。
しかし、作品としての明確な意図みたいなものは伝わってくるため、実質的に「サイボーグ009」の世界観は大きく崩れてはいないですね。
キャラクター達、特に009と003の関係はなかなかディープ。
個人的にはやっぱり002でしょ!かっこよすぎです。
しかし、008の出番が…他のサイボーグ達はそれなりに活躍しているのに残念。まあ、008って深海活動能力だもんな…厳しいよな。
映像はCG主体になっているため、キャラクター達の描写が崩れることはないんですが、実はあんまり好きではないですね。なんか「人形」みたいな冷たい感じがします。
声優陣は実力派がそろっています。009シリーズは固定された声優があまりいないようで、そういえばこんな声だったような…という感じで、特に違和感を感じることはありません。
ストーリーとしてはなかなか、もう少しラストを詰めて欲しかったところかな。
「サイボーグ009VSデビルマン」が気になりますが…果たしていいんでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2015-10-23 23:59 | アニメ/CG
<< ジョン・ウィック アンフェア the end >>