トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
るろうに剣心
d0030824_23442144.jpg『RUROUNI KENSHIN』 日本/2012
監督:大友啓史
出演:佐藤健 武井咲 吉川晃司 蒼井優
青木崇高 綾野剛 須藤元気 田中偉登
斎藤洋介 平田薫 永野芽郁 平山祐介
深水元基 奥田瑛二 江口洋介 香川照之





公開時コピー
かならず、帰る。

和月伸宏原作のベストセラーコミック「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」、初の実写化。
監督はTVドラマ「龍馬伝」の大友啓史。
出演は「龍馬伝」のメインキャストである佐藤健、蒼井優、青木崇高、香川照之など多数登場。
特に主演の佐藤健は、原作者にも認められたイメージ通りのキャスティングといわれている。
ストーリーは原作の東京を舞台にしたエピソードを中心にひとつの物語として構成。アクション監督は谷垣健治、香港のアクションと日本の殺陣が融合したアクションが見どころ。

<あらすじ>
幕末、維新志士として戦いぬいた伝説の暗殺者“人斬り抜刀斎”こと緋村抜刀斎(佐藤健)は、鳥羽伏見の戦いを最後に行方をくらます。
明治になって10年、東京では神谷活心流の人斬り抜刀斎を騙る辻斬りが横行していた。
剣術道場、神谷活心流の師範代で亡き父の意思を継ぐ神谷薫(武井咲)は、道場の汚名をそそぐために抜刀斎を捜している最中、剣心と出会う。
その頃、新種の阿片“蜘蛛の巣”を密売する実業家、武田観柳(香川照之)の元から製造法を知る高荷恵(蒼井優)が逃げ出し、人斬りの鵜堂刃衛(吉川晃司)が追跡を始める。
一方、偶然から抜刀斎を名乗る男を見つけた薫だったが、圧倒的な強さの前に負けてしまう。
そんな彼女を救ったのは剣心だった。
薫の道場に居候することになった剣心…しかし、武田観柳の陰謀に巻き込まれていく。
d0030824_23443367.jpg

<総評>
ドラマはあんまり好きではなく、大河ドラマもほとんど見たことなかったんですが、「龍馬伝」だけはおもしろくて全部見ていました。「龍馬伝」で岡田以蔵を演じた佐藤健はとても見事で、思えばこの頃から剣心役がささやかれていましたね。原作はコミックを全巻持っていて、かなり読み込んだものですが、しかしまさか本当に実写化するとは思っていませんでした。
それはさておき、本作の感想を正直に言うとここ最近のアクション系の邦画では一番の出来栄え。
原作にあるアメコミ&格闘ゲーム的なアクションシーンをどう表現するのかが注目でしたが、谷垣健治による香港仕込みのアクションと日本の殺陣が融合し、実にスピーディで迫力ある映像となっています。
さて、物語は原作の東京編における個々のエピソードをうまく纏め上げています。
偽者の人斬り抜刀斎と武田観柳が悪役の中心に添えられ、原作に登場した敵方のキャラクターである四乃森蒼紫をはじめとする御庭番衆は登場しません(ただし、士族崩れとして四乃森蒼紫と般若を足したような外印が登場)。
まあ、実写化におけるキャラクターの変更はよくあることですし、要するにオリジナルキャラクターが原作並みのインパクトを残せば面白い。
本作では外印と剣心の戦いがすさまじくかっこよい。これってワンカットで撮った分もかなりあるとか…。
さらにクライマックスのvs鵜堂刃衛もいいですね。
ヘタクソな殺陣の場合、結構相手の斬ってくるところを待った「受け方」をするんですが、本作ではそれが見られなかった。殺陣の速さにこだわりを感じます。
ただ、アクションの良さはいいものの、ストーリーの流れとしては自然なのに、変に飛ばしちゃうところが多い。
ひとつのエピソードに対して余韻が少ない箇所が散見されました。
ディレクターズカットとか出るんでしょうかね。
主演の佐藤健は見事にはまってます。痩身体躯の剣心そのもの。
薫役の武井咲は意外と良かった。ところどころ、何かつまずくような印象を受けるんですが、概ね好印象です。眼つきが女剣士っぽいから?かも。
吉川晃司は渋い悪役が似合います。
それ以上にぶっ飛んでいたのは香川照之。悪いことが楽しくて仕方ない!みたいに下卑た観柳を好演。
パンフレット見るとクライマックスのあれがアドリブとは(笑)。
蒼井優は少しイメージが違ったかなぁ。やっぱり幼い感じが抜けきらないというか、うまいんですけどね。
青木崇高も香川照之と違った意味で嬉々として暴れ倒していました。
斉藤一を演じた江口洋介、少し熱すぎた感じもうけますがかっこいい。でも、牙突、もうちょいだよ。
総評すると出演者が役柄に対して楽しんで演じているのが見て取れます。こういうのっていいですね。
原作をいい意味で消化した作品、オススメです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-08-31 23:40 | 戦争/歴史/時代劇
<< 放課後ミッドナイターズ アベンジャーズ >>