トップ | ログイン

映画紹介 1122本。1日1本(毎日じゃありません)ネタバレは極力無し。TBはご自由にどうぞ。
by syosei7602
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
50音順INDEX
アクション/アドベンチャー
ミステリ/サスペンス
恋愛/青春/スポーツ
ホラー/オカルト
ヒューマン/ドラマ
SF/ファンタジー/パニック
ハードボイルド/犯罪
戦争/歴史/時代劇
ノンフィクションベース
ミュージカル/音楽/ダンス
コメディ/パロディ
アニメ/CG
ドキュメンタリー
月別更新まとめ
管理人日記
リンク/プロフィール
以前の記事
2017年 02月
2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
最新のトラックバック
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
[洋画] 「アバター」は..
from 窓の向こうに
仮面ライダー THE F..
from piece of life ..
サウンド・オブ・サンダー
from piece of life ..
ダブル・ミッション
from piece of life ..
『シャッターアイランド』..
from 名機ALPS(アルプス)MD..
「AVATAR」
from samuraiの気になる映画
『宇宙戦艦ヤマト/復活篇..
from 【徒然なるままに・・・】
映画「相棒 -劇場版- ..
from 珍竹麟  〜映画とネットとモ..
フォロー中のブログ
リンク
にほんブログ村 映画ブログへ

ログログシール
ライフログ
その他のジャンル
ファン
プロメテウス
d0030824_1412241.jpg『PROMETHEUS』 アメリカ/2012
監督:リドリー・スコット
出演:ノオミ・ラパス マイケル・ファスベンダー
シャーリーズ・セロン イドリス・エルバ
ガイ・ピアース ローガン・マーシャル=グリーン
ショーン・ハリス レイフ・スポール イーモン・エリオット
ベネディクト・ウォン ケイト・ディッキー




公開時コピー
人類は どこから 来たのか。
人類最大の謎、それは《人類の起源》


SFホラーの傑作、「エイリアン」を手がけたリドリー・スコット監督による「エイリアン」シリーズの前日譚となる作品。シリーズでお馴染みのウェイランド湯谷社が登場し、エイリアンをデザインしたギーガーの名がクレジットされている。
出演は「ミレニム ドラゴン・タトゥーの女」(オリジナル版)で主演を演じたノオミ・ラパスが主演兼ヒロインを、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のマイケル・ファスベンダー、そしてオスカー女優シャーリーズ・セロンなど。
リドリー・スコット監督としては初の3D作品となる。

<あらすじ>
2089年、スコットランドのスカイ島で3万5000年前の壁画が発見される。発見者の考古学者エリザベス(ノオミ・ラパス)は、世界各地の遺跡の壁画に同じものが描かれていることから、それは異星人から人類へ向けたメッセージだと解読する。
2093年、巨大企業ウェイランド社は巨額を投じて、宇宙船プロメテウス号を完成させ、壁画に描かれた星へと向かって出発させる。
探索メンバーはプロメテウス号を管理するアンドロイド、デヴィッド(マイケル・ファスベンダー)をはじめ、エリザベスと同じく学者で恋人のチャーリー(ローガン・マーシャル=ホロウェイ)や監督官のメレディス(シャーリーズ・セロン)など17名だった。
2年にも及ぶ航海の末、遂に目的の星へとたどり着いたプロメテウス号。
乗員たちはウェイランド社の総帥ピーターが生前に残した映像からミッションの内容を聞かされる。
さらにエリザベスは、メレディスから星で生命体を発見しても一切手を出さないように警告されるが…。
d0030824_1413089.jpg

<総評>
傑作「エイリアン」シリーズ1作目…実は「エイリアン」シリーズは1作目以降、まともに見た記憶がなく、本作を見たあとに立て続けに残りを見てみました。まあ、それはまたレビューするとして、ぶっちゃけて言うと、本作のキャッチコピーである「人類の起源」なんて、ほとんど語られてないわけです。
単純に「エイリアン」世界の中の起源であって、良くも悪くもシリーズのひとつと言うべきでしょうかね。
シリーズでお馴染みのウェイランド社(湯谷社との合併前)がスポンサーとなり、派遣されたプロメテウス号。
展開は1作目エイリアンとほぼ同じで、エイリアンに取り付かれる、暴れる、壊れる、危機が…みたいな。
映像はさすがに今時な感じですね。モニターはタッチパネルだし、洗練されている。
もし、これが1作目と同じようなブラウン管モニターだったりすると、意外とよかったのかも(いや、エイリアンシリーズがリメイクされないとも限らないか)。
さて、人類の起源というよりも古代から残るメッセージの発信元を求めて旅立ったプロメテウス号。
見つけたのは異星人のものと思われる建造物、そしてトラブル、ウェイランド社の意図などストーリーは至ってシンプルなんですが、なんだろうなぁ…映像はすごいんだけど、シナリオの詰めがかなり甘い気がします。
ツッコミどころをあげつらっても仕方ないんですが、もっとリアルな考証が欲しかったですね。
主人公エリザベスはリプリーとはまた違った形のヒロインで、共通点こそあれど、もっと女性的な感覚があります。それに対するのがメレディスで冷徹でありながらも、彼女もまた女性的な恐怖を持って現場に臨んでいます。そして相変わらず男性陣のイメージは弱いですね。
その代わり、シリーズ通しての準主役とも言うべき、アンドロイドがうまく絡んでいきます。まあ、アンドロイドにはロボット三原則はないんでしょうが…。
主演のノオミ・ラパスはシガーニー・ウィーヴァーのような強さとは違いますが、イメージとしてはぴったり。
マイケル・ファスベンダーは好演、なんといっても無機質かつ無表情な感じがぴったりです。本作では「アラビアのロレンス」を見続けるというアンドロイドなんですが、これは監督が映画のロレンスがアンドロイドっぽいという理由だからとか。
シャーリーズ・セロンはその美しさ故に、本作のような役柄では際立ちます。
いやもう、個人的には彼女を見るだけいいんですが、たまには正統派なヒロイン役を見たい。
そして、ガイ・ピアース…どこに出てる?と思ったら意外なところに。
総評すると、実は思ったほどの面白さはなかったのが本音。
本作の後にシリーズを見たら、いやもうおもしろい(3、4は微妙だけど)。
続編を匂わす形で終わったけど、これって普通に考えたら、1作目のあれはこれで?と、まあ、見終わったあとに色々想像ができる作品です。
あ、3Dは一部だけ良かったかなぁ。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
よろしければクリックお願いします。
by syosei7602 | 2012-08-27 01:42 | SF/ファンタジー/パニック
<< アベンジャーズ ダークナイト ライジング >>